ヤバイくらいに愛してる Vol.1

「君のこと、もっと知りたいから…」出会ったばかりの男の部屋で告げられた、衝撃の一言

―えっ。私、いまキスされてる…?

詩乃は驚きのあまり、目を丸くして亮を見つめる。

「ハハハ、詩乃ちゃん反応おもしろい。かわいいなあ」

亮の大胆な行動に、頬を染めて黙り込む。そんなウブな反応を見せる詩乃に対し、亮はもう一度唇を重ねた。

「もう、詩乃ちゃんって、なんでそんなにかわいいの?」

そう言う亮の目を覗き込んた瞬間、詩乃はハッと小さく息をのんだ。

…彼の目の奥は真っ暗で、ほんの少しも笑っていなかったからだ。

―なんだか、かわいそうな人だなあ。

詩乃は心の中で思う。こうして毎晩、初めて出会った女性を家に連れ込んで、本心では思ってもないような甘い言葉を囁いているのだろうか。

そんなことを考えた瞬間、亮は詩乃をギュッと抱きしめた。


「詩乃ちゃんのこと、俺だけのものにしたいなあ。他の男に渡したくない」

―なに、これ。私、告白されてる…?

そう考えると、急に心臓が激しく動き出す。抱きしめられている亮に、ドキドキという音が伝わっていたらどうしよう、そんなことを思った。

「…そういうこと、他の女の人にも言ってるんでしょう?」

「言わないよ、詩乃ちゃんだけ。で、どうなの?俺だけのものになってくれるの?」

半ばパニックで何も言えず無言になっている詩乃に痺れを切らしたのか、亮は言う。食事会のときのような、少しの強引さがあった。

「…なってくれないなら、いいや。もう帰って」

「えっ…」

慌てた詩乃が彼の顔を覗き込むと、なぜか亮は、傷つけられて今にも泣きだしそうな表情をしていた。

「俺はすっごく、詩乃ちゃんのこと、かわいいと思ってたのになあ」

さきほどまでとは打って変わって、しょんぼりとしている亮の姿に面食らってしまう。

「え、えっと、その…。亮さんのことは素敵だなって、思ってるんですけど…」

「けど…?」

亮は黒目がちの目で、詩乃のことをジッと見つめてくる。

「まだ亮さんのこと、全然知らないし。お付き合いするとかは、ちょっと…」

「じゃあさ、とりあえず連絡先交換しようよ。あと、電話番号も」

突然の提案に詩乃は断り切れず、おずおずとバッグからスマホを取り出す。そして連絡先を交換すると、亮はいきなりこんなことを言い出した。

「俺のこと、まだそんなに知らないから好きになれないんでしょ?じゃあ、毎日連絡取りあおうよ。それに俺も詩乃のこと知りたいから、おはようとかおやすみとか、いま何してるかとか、全部LINEで教えてくれない?」

詩乃は違和感を覚えながらも、自分を振り回してくる男から、なんだか逃れられなさそうな予感がしていた。


▶他にも:「彼女と交際してから毎晩ヘトヘト…」男が“付き合いきれない”と感じ、女から逃げた理由

▶︎NEXT:9月1日 火曜更新予定
束縛の片鱗を見せ始める亮だが、本性がすこしずつ見え始めて…?

東レデート詳細はこちら >

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
なんか怖い、、、
2020/08/25 05:1999+返信3件
No Name
スマホ煮込み男を思い出したw
2020/08/25 05:3199+返信6件
No Name
詩乃、変な男に捕まったね……。早めに手を打たないと監禁されそう💦 早く逃げて💦
2020/08/25 05:2390
No Name
いくらしばらく恋愛から遠ざかっていたと言っても、
この気持ち悪い口説きに引かないとは‥。
よっぽどモテてこなかったのかな、詩乃。
2020/08/25 05:5842返信1件
No Name
怖すぎる。詩乃も初日で十分気づいてると思うんだけど。
2020/08/25 05:4427返信1件
もっと見る ( 45 件 )

【ヤバイくらいに愛してる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo