ヤバイくらいに愛してる Vol.8

「誰を愛そうと私の勝手だから」束縛彼氏にハマった女がした、ありえない選択

愛しすぎるが故に、相手の全てを独占したい。

最初はほんの少しのつもりだったのに、気付いた頃には過剰になっていく“束縛”。

―行動も、人間関係の自由もすべて奪い、心をも縛りつけてしまいたい。

そんな男に翻弄され、深い闇へと堕ちていった女は…?

◆前回までのあらすじ

「仕事よりも亮と一緒にいたい」そんな思いが募るうちに、詩乃はこれまで夢中で打ち込んでいたはずの仕事を、中途半端に投げ出すようになってしまった。

そのことがきっかけで、詩乃は信頼を失い始め…?

▶前回:男に呼び出されたら、夜中でも駆けつける女。呼ばれた彼の部屋で耳にしてしまったモノ


―まだ15時か。今日は、亮からの呼び出しあるかなあ…?

詩乃は自分のデスクからオフィスの時計を眺めつつ、そんなことを考える。最近、時計の針が進むのがやたらと遅く感じるのだ。

亮と付き合う前までは、時間も忘れて仕事に夢中になっていた。だから1日があっという間に過ぎると感じて......


【ヤバイくらいに愛してる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo