人生の定点観測~東京女の就活事情~ Vol.1

人生の定点観測~東京女の就活事情~:「就活=婚活」お嬢様女子大生の“イージーモード”な人生観

女子の大学進学率が73.2%を誇る、東京。

ある新聞社の統計によると、東京女子の大学進学率は全国で1位、かつ男子よりも高い数字である。

「男女平等社会」と言われて久しいこのご時世、大学時代の最終章ともいえるのは4年時の「就職活動」。

この時の選択は、その後の人生を大きく変えるGATE(入口)だ。

これは、時に賢く、時にあざとく自分の人生を選択していく成城大学出身の3人の女たちのストーリー。

若さと美貌、また裕福な実家というバックグラウンドを兼ね備えた女子大生たちの、22歳(就職内定時)・23歳(社会人1年目)・27歳(社会人5年目)時点の人生を描いたものである。

果たして22歳時の選択は、その後の人生にどう影響をもたらすのだろうかー?

初回は「就活=婚活」と考える、英理佳の就活を覗いてみよう。


ー海外駐在マンと結婚して、優雅に駐妻生活を送るのが、最高の幸せー

英理佳は、物心ついた頃から、こんな価値観を持っていた。

英理佳自身、ロンドン駐在の商社マンである父親と専業主婦の母親のもとで育ち、何不自由ない生活を送ってきた。

中学時代までロンドンで暮らし、高校は成......


【人生の定点観測~東京女の就活事情~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo