ヤバイくらいに愛してる Vol.4

「左手の薬指につけていて欲しい」付き合ってすぐの彼女に男が告げた、衝撃の要求とは

愛しすぎるが故に、相手の全てを独占したい。

最初はほんの少しのつもりだったのに、気付いた頃には過剰になっていく“束縛”。

―行動も、人間関係の自由もすべて奪い、心をも縛りつけてしまいたい。

そんな男に翻弄され、深い闇へと堕ちていった女は…?

◆これまでのあらすじ

彼氏・亮の家に呼び出された詩乃。亮にスマホの中身をチェックされ、Face IDまで登録させられてしまう。

その後突然、亮から帰れと言われてしまい…?

▶前回:デート前に4時間、彼氏と連絡が取れなくなった。「仕事だった」と言い訳する男に覚えた違和感


「本当にごめんね。仕事でトラブルが発生して、どうしてもいま片付けないとならないんだ。この埋め合わせは必ずするからね」

亮がそう言ってから1週間も経つのに、相変わらず連絡はスタンプしか返ってこない。詩乃の不安は募っていくばかりだ。

詩乃は自宅のベッドで1人、スマホを握りしめ......


【ヤバイくらいに愛してる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo