ヤバイくらいに愛してる Vol.7

男に呼び出されたら、夜中でも駆けつける女。呼ばれた彼の部屋で耳にしてしまったコト

愛しすぎるが故に、相手の全てを独占したい。

最初はほんの少しのつもりだったのに、気付いた頃には過剰になっていく“束縛”。

―行動も、人間関係の自由もすべて奪い、心をも縛りつけてしまいたい。

そんな男に翻弄され、深い闇へと堕ちていった女は…?

◆前回までのあらすじ

仕事漬けの日々だった詩乃が、仕事よりも亮との時間を優先するようになってしまった。しかし亮に依存していることに、詩乃は自覚がなくて…?

▶前回:リモートワーク中で誰もいないオフィスに連れ込まれた女が、強引な男に身を任せた結果…


「ただいま戻りました…」

詩乃はオドオドと小声で挨拶しながら、オフィスのドアを開けた。

クライアントとの打ち合わせを終え、帰社の道中で亮に遭遇してしまった詩乃。結局、亮と過ごす時間を優先したせいで、1時間以上もオフィスに戻るのが遅れたのだ。

「遅かったね。結構打ち合......


【ヤバイくらいに愛してる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo