ヤバイくらいに愛してる Vol.1

「君のこと、もっと知りたいから…」出会ったばかりの男の部屋で告げられた、衝撃の一言

「へえ、詩乃ちゃんって、お酒強いんだね」

―えっ。いま、詩乃ちゃんって言った?

いつの間にか目の前に移動してきていた亮が、詩乃の顔を覗き込んでいたのだ。

「ねえ、聞いてる?…良かったら、これからウチで飲み直そうよ」

亮は、詩乃だけに聞こえるよう、グッと詩乃に顔を寄せて言う。詩乃は驚きのあまり、目を大きくして彼の方を見た。

「ちょっと、そんなにわかりやすく反応したら、小さい声で誘った意味ないんだけど?」

亮は呆れたように笑う。その間も、詩乃はこの状況を信じられないでいた。

詩乃はモテる方ではなく、どちらかというと地味なタイプで、自分の意見や考えをハッキリ言うのが苦手だ。

食事会にも誘われるが、こんな風に「ふたりで」なんて言われたのは初めてのことで、嬉しい気持ち半分、むしろからかわれているのではという疑い半分なのが、正直なところだった。

「で、どうする?俺は詩乃ちゃんと、もう少し飲みたいと思ってるけど」

亮の強引な態度の影にある、少しの優しさ。それに気付いた詩乃は、無意識のうちに首を縦に振っていた。

それは、詩乃なりの精一杯の意思表示だった。


亮の見事な振る舞いで、2人は自然に二次会を抜け出した。亮のマンションは偶然にも、詩乃の職場と同じ自由が丘にあるらしい。

「じゃあ仕事終わりに、いつでも会えるね」

たったさっき会ったばかりの詩乃に、こんなにも甘いセリフを吐く男。

頭の片隅では、危ない人だと分かっている。

しかし何を考えているのか分からない、ミステリアスな亮が、今は自分だけに微笑みかけてくれている。それだけで、もう「細かいことは気にしないで楽しもう」という気持ちになるのだった。

慣れた様子でエスコートされ、向かった彼の部屋。余計なモノが置かれていないシンプルなリビングは、とらえどころのない亮の印象とぴったりだった。

彼と共にソファーへ腰掛け、ワインで2度目の乾杯をする。ほんの少しの沈黙すらも気まずくて、詩乃はとっさに口を開いた。

「…亮さんは会社を経営されてるんですよね。スタートアップ、でしたっけ?どこにあるんですか?」

冷静さを取り戻すため、食事会のときにはあまり話題にのぼらなかった、彼の仕事内容について聞いてみる。詩乃にしては積極的に踏み込んだ方だ。

「なんでそんなこと詩乃ちゃんに教えないといけないの?」

すると亮は、なぜだか恐ろしいほどの無表情で言い放ったのだ。返ってきた予想外の冷たい声に、詩乃は目を見開いて口を閉ざした。

「な~んてね、冗談だよ。AIアプリの開発系のスタートアップ。渋谷にオフィスがあるよ」

―えっ。いまの返しは、なんなの…?

気が動転した詩乃は、亮の言葉にうまく反応できず、押し黙る。しかし次の瞬間、詩乃のそんな思考は一気に吹き飛んだ。

詩乃の左肩を抱き寄せた亮が、いきなりキスをしてきたからだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
なんか怖い、、、
2020/08/25 05:1999+返信3件
No Name
スマホ煮込み男を思い出したw
2020/08/25 05:3199+返信6件
No Name
詩乃、変な男に捕まったね……。早めに手を打たないと監禁されそう💦 早く逃げて💦
2020/08/25 05:2390
No Name
いくらしばらく恋愛から遠ざかっていたと言っても、
この気持ち悪い口説きに引かないとは‥。
よっぽどモテてこなかったのかな、詩乃。
2020/08/25 05:5842返信1件
No Name
怖すぎる。詩乃も初日で十分気づいてると思うんだけど。
2020/08/25 05:4427返信1件
もっと見る ( 45 件 )

【ヤバイくらいに愛してる】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo