これが東カレが認めるとっておきの和食店 Vol.14

酒屋の倉庫をお洒落にリノベーション!イマドキの立ち飲みはセンスが光る!

かつては雑多なイメージのある立ち飲みだが、洗練された空間で独自のセンスを発揮する店が、続々と誕生している。

立ち飲み特有の自由さに、今っぽい洒落感が加わって、これまでにない居心地の良さが生まれているのだ。


ビールケースさえもお洒落。この感じは唯一無二
『桑原商店』@五反田

路地に立つと、洒落た書体のネオンが目に入り、まるで何かのアトリエのように見える。しかしその実態は、老舗酒店の倉庫を改装したスタイリッシュな立ち飲みだ。

リノベーションを手掛けたのは『ブルーボトルコーヒー』の建物で知られる、スキーマ建築計画の長坂 常氏。

店主の桑原康介さんは、大正4年に五反田で酒販店として創業した桑原商店の4代目にして、実はギャラリーの運営や芸術祭の企画などアート関連の仕事を手掛ける人物。「酒販業とアートを融合させたい」とこの空間を造り上げた。

「十九」(180ml)¥1,080は、香りよくすっきりとした‶おりがらみ"の純米生原酒


秀逸なビジュアルの日本酒がズラリと冷蔵庫に並ぶ様子はまるでショーウインドウのようにフォトジェニック。

展覧会のキュレーターを務めたこともある店主ゆえ、店の壁にはあらゆるところにアートが。ゆったりと鑑賞しながらお酒をたしなむのもいい


店内のあちこちに、世界的アーティストの作品がこっそり配置されているのも遊び心を感じさせる。

五反田という立地ながらクリエーターも多く出没し、あらゆる大人が混ざり合う。


おひとりさまにちょうどいい宮城県産の「牡蛎グラタン」¥560

「生芋こんにゃくゆず味噌」¥380。三年ものの蒟蒻芋から作るこんにゃくに木桶仕込みのゆず味噌を添えて


このフラットな空気の中で、マイペースに自分好みのお酒を見つけるのも、新しい立ち飲みの在り方なのかもしれない。

月刊誌最新号は「本当に使える和食店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は3/21(土)から。



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる 「神泡サーバー」をもらおう!
アンケートはコチラから!

【これが東カレが認めるとっておきの和食店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo