元カレ・コレクション Vol.2

二次会で、久しぶりに男に再会して…。女が元カレから言われた、非情な一言とは

26歳、アラサーの仲間入り。周囲では申し合わせたように突然、第一次結婚ラッシュが訪れはじめる。

しかし当然、その波に乗り切れない者だって多くいるのだ。

結婚するのに早すぎる歳ではないが、言ってもまだ20代。微妙な年齢であるがゆえの「もっとイイ男がいるかも…」という、悪魔の囁きに翻弄される女たち。

主人公・杏里(あんり)も、なんとしてでも結婚ラッシュに乗りたいと思うものの、なかなか決断ができず、現れる男とはことごとくうまくいかない。

そんな杏里の一人目の「元カレ」は、一宮純。純は、由緒正しい家柄の長男で、スペックには申し分ないのだが…。

◆これまでのあらすじ

26歳の杏里は、純からついにプロポーズされた。だが結婚をするためには、杏里も同時に仕事をやめ、一宮家の嫁として家のしきたりを守ることを要求されたのだった。


杏里は、純が「結婚したいと思ってる」と伝えてくれた日のことを何度も思い返していた。

“純との結婚”か、“自分自身が望む生き方”。どちらを取るかの二択だ。

—どちらを取るべきなんだろう…。

面白くなってきたばかりの仕事を今すぐ手放す気持ちは毛頭ない。つまり答えはわかっているのだ。それなのに、決断できないのには理由がある。

杏里は、一刻も早く結婚がしたいのだ。26歳となった今、すっぱり彼氏と別れるのが本当に怖かった。

それに、貴重な20代を純に費やしてきた。すべては彼と結婚するためだったというのに、あっさり手放してしまうのはこれまでの時間が無駄になってしまう気もする。

—でも、もしかしたら…。

6年も一緒にいた純なら、杏里の考えを尊重してくれるかもしれない。一宮家のしきたりのことも、ご両親と話し合ってくれるかもしれない。

杏里は、自分の思いを素直にぶつけようと決め、最後の願いを託して純に電話をかけたのだった。

「純、この前は感情的になっちゃってごめんね。それで私考えたんだけど…」

ひとつひとつ言葉を選ぶようにして、この数日でひねり出した折衷案を彼に伝える。

例えば、結婚してしばらくは杏里も仕事を続け、子供が生まれたら家に入る。0か100かではない方法が、必ずあるはずだ。

しかし、純の反応は驚くほど冷たいものだった。

【元カレ・コレクション】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo