元カレ・コレクション Vol.1

元カレ・コレクション:玉の輿まであと一歩…6年かけて結婚を狙った女がプロポーズに躊躇する理由

26歳、アラサーの仲間入り。周囲では申し合わせたように突然、第一次結婚ラッシュが訪れはじめる。

しかし当然、その波に乗り切れない者だって多くいるのだ。

結婚するのに早すぎる歳ではないが、言ってもまだ20代。微妙な年齢であるがゆえの「もっとイイ男がいるかも…」という、悪魔の囁きに翻弄される女たち。

主人公・杏里(あんり)も、なんとしてでも結婚ラッシュに乗りたいと思うものの、なかなか決断ができず、現れる男とはことごとくうまくいかない。

そんな杏里の一人目の「元カレ」とは…?


元カレ1:一宮 純。家柄は最高、ハイスペック御曹司


杏里は、何とも言えないネガティブな感情に苛まれていた。

久しぶりに集まった、会社同期の仲良しメンバー6人での女子会。

各々が最近のアップデートを報告する流れの中で、隣に座っていた同期がデザートをつつきながら尋ねた。

「で、杏里は最近、例の彼とどうなのよ?順調?」

杏里は、つい先日の出来事を思い出しながら口を開く。

「実は…この前の私の誕生日にね、彼に、来年には結婚したいと思ってるって言われたんだ」

そう言い終えるやいなや、5人全員が大きな声をあげた。

「えー!!!!」

そして口々に「おめでとう」とか「お祝いしなきゃ」と言い合い、騒いでいる。

「それってプロポーズじゃん!杏里、遂に玉の輿!で、式はどこでするの?超豪華なんだろうなあ、絶対私も呼んでよね!」

同期達はキャッキャッと騒ぎ、話はどんどん進んでいく。

だが杏里は、何と答えたらいいかわからずに黙り込んでいた。

定期的に開催されるこの集まりは、毎回幹事を持ち回りで、6人のうち誰かの誕生日を祝うことを口実に集まっている。

メンバーはそれぞれ、最近結婚した子、婚約中の子、絶賛彼氏募集中の子もいる。

杏里はずっと前から、こうした女子会で自分も「幸せな報告」を済ませ、皆から祝福の言葉を浴びるシーンを何度も想像していた。今まさに、目の前でその光景が繰り広げられている。

ーそうよ…。皆の言う通り、夢にまで見た結婚なのに…。

スペックの高い彼氏との、玉の輿婚。26年間、打算的に生きてきた杏里にとって、すべては計画通りだったはずだ。

それなのに素直に喜べないのには、理由があった。

【元カレ・コレクション】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo