元カレ・コレクション Vol.8

「3年後、何してたい?」そう聞かれて結婚を思い浮かべた女に、男が放った一言とは

26歳、アラサーの仲間入り。周囲では申し合わせたように突然、第一次結婚ラッシュが訪れはじめる。

しかし当然、その波に乗り切れない者だって多くいるのだ。

結婚するのに早すぎる歳ではないが、言ってもまだ20代。微妙な年齢であるがゆえの「もっとイイ男がいるかも…」という、悪魔の囁きに翻弄される女たち。

主人公・杏里も、なんとしてでも結婚ラッシュに乗りたいと思うものの、なかなか決断ができず、現れる男とはことごとくうまくいかない。

そんな杏里の四人目の「元カレ」とは…?

◆これまでのあらすじ

2017年冬。杏里は、佐々木五郎と別れ、仕事に邁進していた。そんな時、役者志望・28歳の佐藤リョウと二人で会うことになり、その場が思いの外楽しくて…。


「また、飲みにでもいこーぜ」

前回カフェで数時間会って話した時、リョウはそう言った。

散々な恋愛を重ねて疲弊している杏里としては、正直、今彼氏はいらない。

ーでも、女友達にはなかなか腹を割って話せないようなことも気軽に話せる「男友達」という存在は欲しいかも…。

男女の友情なんて成り立たないことは百も承知だが、リョウとなら程よい距離感の友達になれる気がしたのだ。

リョウとは、それから週に1、2回のペースで会うことが増えた。

デートで行くような雰囲気ではないが、味は確かなことで有名な焼肉店に行ったり、リョウが新しいスニーカーを探しているからと買い物に付き合ったり。

「杏里といると、居心地いいし気使わなくていいわ」
「私もそうかも。あれだね、お互いに恋愛って感じじゃないから」

買い物に付き合ってくれたお礼に一杯おごるよとリョウに誘われ、適当に入ったお店で、二人はそんな掛け合いをした。

彼とは本当に、波長や会話のテンポが合う。笑いのツボも一緒。最強にラクなのだ。

帰り際、ふと思いついたようにリョウが杏里を見た。

「…ねー、でもさ、俺が付き合おうって言ったらどうする?」


ーえ…?

【元カレ・コレクション】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo