男の勘違い Vol.5

「金目当ての女と思われた?」年収1,000万超の商社マンが言った言葉に、女が冷めた瞬間

「この子、俺に気があるんじゃ…?」

男は何故すぐに、そう思い込んでしまうのだろうか。

周囲を見渡して見ても、やはり女性より男性の方が“脈あり”を客観的に判断できない傾向にあるように思う。

今この瞬間も、男たちの一方的な勘違いにより被害を被るアラサー女子は後を絶たない。

これまで高級鮨屋での惨劇勘違い既婚男車自慢男「俺のこと待ってたよね」男をお届けした。さて、今週は?


【今週の勘違い報告】

名前:山下千尋(仮名)
年齢:31歳
職業:フリーランスPR

勘違い報告Vol.5:「男性が思うほど、女はお金じゃ動きません 」


グランドハイアット東京『フィオレンティーナ』

都内屈指のラグジュアリーホテルにあるレストランに、今回の報告者・山下千尋は、さも勝手知ったる様子で現れた。

肩の落ちたトップスにスキニーデニム、Diorの新作ブックトートを携えクリア素材のヒールで颯爽と歩く。席に着くとメニューも見ずに「アイスラテ」とオーダーした。

フリーランスでPRをしているという彼女だが、初対面のこの一瞬で、普段から比較的余裕のある生活を送っていることが窺えた。

「聞いてくれます?私、少し前にデートしていた男性がいたんですけど…その彼に結構なひどいセリフを吐かれたんです」

話の内容とは裏腹に、彼女の表情に傷心の色はない。まるでこれから笑い話を語るかのような明るさである。

そして実際「あはは」と笑ってみせてから、千尋は再び口を開いた。

「お互いの結婚観について話をしていた時です。彼が急に防御の構えを見せはじめて。神妙な面持ちで何を言い出すのかと思ったら…」

心外もいいところ、という表情で大げさに目を見開き、彼女はまるで告げ口をするかのように唇を尖らせた。

「まさか、あんな風に言われてしまうとは思いませんでした」

【男の勘違い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo