この愛のない世界で Vol.2

この愛のない世界で:どんなにいい女がいても、心が動かない。東京砂漠で悶える男の寂しさ

東京は、未婚率全国1位の独身天国。

人に深入りせず、きちんと自己防衛し、常に楽しさを求めること。それを守れば、この街では例えパートナーがいなくても毎日を楽しく生きられる。

しかしそんな刹那的な楽しさだけでは、満足できないこともある。私たちは時として、心の底から人との愛や絆を渇望するのだ。

「誰も人を好きになれない」と悩む、倉松美佳・30歳もそのうちの一人。

昔は、もっと簡単に人を好きになっていた。
愛することなんて、当たり前のようにできていた。

でもいつからだろう・・・?
恋をすることがこんなにも難しくなったのは。

寂しさを埋めるために、適当な誰かに連絡しても虚しくなるだけと悟った美佳。この東京砂漠で、果たして本物の愛は見つかるのだろうか―?


独身貴族・栗原祥太郎(34)の日常


寝室の方から、女性の寝息が聞こえてくる。

その寝息を遠くに感じながら、僕は小さくため息をつき、32階から東京の夜景を見つめていた。

まだまだ電気がたくさん付いているビル群の数々。

東京タワーが綺麗に見えるこのマンションに越してきて、もう5年になる。 学生の時に作った......


【この愛のない世界で】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo