この愛のない世界で

昔は、もっと簡単に人を好きになっていた。愛することなんて、当たり前のようにできていた。

でもいつからだろうか。臆病になり、愛することを忘れ、恋をすることがこんなにも難しくなったのは。

“もう誰も人を好きになれない”症候群の倉松美佳・30歳。

最後に、本気で人を愛したのはいつ?この東京に、愛はあるのだろうか・・・・。

「この愛のない世界で」に関する記事

    2019.02.27 Vol.12
    「好きな人ができない」と嘆く美女の心を掴んだ、たった15文字のLINE。2人の男で揺れていた女の決断
      2019.02.26 Vol.11
      恋に迷走中の30歳女。東京砂漠で本当の愛を見つけられるのか?「この愛のない世界で」全話総集編
        2019.02.20 Vol.10
        「そんな男より、俺のところに来てよ」デートの帰り際に2人の男で揺れる女に囁く、狡猾な男
          2019.02.13 Vol.9
          「他の女と抱き合っていた夫と、一緒のベッドで寝るのはもう無理…」30歳の美人妻が崩壊した理由
            2019.02.06 Vol.8
            「別に、遊びじゃないから」西麻布の路地裏で強引に抱き寄せてくる男を、女が拒まなかった理由
              2019.01.30 Vol.7
              「うちの嫁としては迎えられない」恋愛結婚を禁じられ、父親が決めた“政略結婚”に甘んじた男の狡さ
                2019.01.23 Vol.6
                「今更ズルいよ・・・」決して結ばれることのない男からの甘い囁きに、復縁を期待して惑わされる女
                  2019.01.16 Vol.5
                  「彼のこと、本当に好きなの?」何も妥協できず一方通行の恋愛を繰り返す30歳・独身女の孤独
                    2019.01.09 Vol.4
                    「一番辛いのは、裏切られた私なのに…」。見知らぬ女に家庭を壊された妻が取った、夫への意外な態度
                      2019.01.03 Vol.3
                      「3ヶ月後には、名前も思い出せない人ばかり…」LINEの連絡先が増えるほど、孤独感を増す女
                        2018.12.27 Vol.2
                        この愛のない世界で:どんなにいい女がいても、心が動かない。東京砂漠で悶える男の寂しさ
                          2018.12.20 Vol.1
                          この愛のない世界で:「私、このまま帰りたくない…」金曜24時、寂しさを紛らす男といても虚しいだけ?