#再婚 Vol.9

このあいだ離婚したばかりで、また結婚?周囲に猛反対されても、31歳バツイチ女が再婚に固執する理由

ーこの人と離婚して新しい人と再婚すれば、簡単に幸せになれると思っていましたー

これは、高い恋愛偏差値を誇る男女がひしめき合う東京で、

再び運命の相手を求め彷徨うことになった男女のリアルな”再婚事情”を、忠実に描いた物語である。

時間軸にシビアな女たち、女性に幻想を抱き続ける男たち。

そんな彼らが傷つき、喜び、自らが選んだ運命に翻弄されてゆく…

さぁ、では。彼らの人生を、少しばかり覗いてみましょうか。

夫の不倫によって離婚を決意した秋元カナ。女友達に離婚パーティを開催してもらい何とか立ち直るが、デート相手に暴言を吐かれたり、社内の年下男子振り回されるなど再婚活はうまくいかない。

そんなある日、友人・美香から、同じバツイチでエリート弁護士の岡部を紹介されて意気投合し、ついには出会って2ヶ月というスピードでプロポーズされる。

しかし、それを良く思わない友人の亜美は、つい美香にカナの悪口を吹き込んでしまった。


親友のまさかの行動


「ちょっと待って…亜美がそんなこと言ってたの?」

岡部を紹介してくれた大学時代の友人・美香から、突然カナに電話がかかってきたと思ったら、その内容は信じられないものだった。

親友・亜美が、美香主催のホームパーティでカナの悪口を言っていたというのだ。

ーこんなに早く再婚するなんておかしい。カナは不倫されて離婚したから、元夫への当てつけで結婚するつもりなのよ。きっとすぐ別れるんじゃないの。

美香によると、亜美はそんなことを言っていたらしい。

「もちろん、再婚のタイミングなんて私がとやかく言うことじゃないわ。けど、元のご主人への当てつけで岡部さんと再婚をするつもりっていうのだけが引っかかって…。そんなことないよね?おめでたい話に水を差して、本当にごめんなさい。どうしても直接カナと話しておきたくて…」

美香は、終始申し訳なさそうにしている。

夫の大事な同僚を紹介した手前、再婚後に余計な問題が発覚するのを避けたいのだろう。その気持ちは十分にわかる。

「美香、連絡ありがとう。でも、誓っていうわ。私、岡部さんと出会ってから、元夫のことなんてこれっぽっちも思い出してないし、当てつけで再婚なんて亜美の妄想よ!それに…」

カナは深呼吸して亜美への怒りを抑え、できるだけ落ち着いた口調を心がけた。

「確かに、親にすら再婚は早いって言われてるし、私も冷静になって、少し早すぎるかなとも感じてる。けどね、子供を授かるタイミングを考えてみたら、今がその時なんじゃないか、って思ったの」

そして同時に、心の中でとある決意をしたのだった。

ー親が何を言おうと、亜美に邪魔されようと、もう関係ない。自分の人生だもの、私、絶対再婚する…!

【#再婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo