#再婚 Vol.2

「寂しそうに見えたから、誘ってやったのに」これがリアル?31歳バツイチ女に下された、残酷な評価

ーこの人と離婚して新しい人と再婚すれば、簡単に幸せになれると思っていましたー

これは、高い恋愛偏差値を誇る男女がひしめき合う東京で、

再び運命の相手を求め彷徨うことになった男女のリアルな”再婚事情”を、忠実に描いた物語である。

時間軸にシビアな女たち、女性に幻想を抱き続ける男たち。

そんな彼らが傷つき、喜び、自らが選んだ運命に翻弄されてゆく…

さぁ、では。彼らの人生を、少しばかり覗いてみましょうか。

夫の不倫によって離婚を決意した秋元カナ。女友達に離婚パーティを開催してもらい何とか立ち直るが、友人の亜美から「再婚活をしよう」と提案され…?


バツイチ・31歳女のリアルな市場価値


「へぇー、カナちゃんはバツイチなんだ?」

そう言って興味深そうにこちらを見つめる、質の良さそうなスーツを着こなした商社マン・高橋の視線が何だかくすぐったい。

ーバツイチという事実は、出会いの場でカミングアウトした方が良い

そんなネットの情報に倣って、カナはドキドキしながらも自己紹介でバツイチということを開示してみた。

その結果、男性陣の目からは、落胆や侮蔑というよりは”好奇心”という感情が見て取れた。みな特に”バツイチ”という事実に引いている様子はなく、カナはホッと胸を撫で下ろし、シャンパングラスを手に取る。

ーこうなったら、2人で本気で婚活よ!

そう言って張り切る学生時代からの友人・亜美に促され、カナはとうとう”市場”にカムバックしたのだ。

亜美主催の食事会には既に3回参加し、その結果、”バツイチ女性”でもかなりモテる手応えを感じている。

今のところ誰かしらにはLINEを交換しようと言われているし、食事の誘いも多い。

ネットでは、離婚女性の半数近くは再婚しているという記事も読んだ。

再婚活に向けて大事なのは、身も蓋もないことを言えばとにかく綺麗でいることが圧倒的に重要だという。

カナも結婚していた当時DINKSだったおかげでファッションにはお金を使えたし、31年間の人生ではそれなりに美人と評価されてきた。

そして、”バツイチ女性でも綺麗ならモテる説”を更に裏付けるように、先ほどから高橋はこちらに熱い視線を送ってくる。

しかし数日後、カナはその”モテる”の意味が決して良いものばかりではないことを、とくと思い知らされるのである。

【#再婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo