#再婚 Vol.1

#再婚:バツイチの、女としての価値は如何ほど?離婚を経て“再婚活”に繰り出した、31歳の女

ーこの人と離婚して新しい人と再婚すれば、簡単に幸せになれると思っていましたー

これは、高い恋愛偏差値を誇る男女がひしめき合う東京で、

再び運命の相手を求め彷徨うことになった男女のリアルな”再婚事情”を、忠実に描いた物語である。

時間軸にシビアな女たち、女性に幻想を抱き続ける男たち。

そんな彼らが傷つき、喜び、自らが選んだ運命に翻弄されてゆく…

さぁ、では。彼らの人生を、少しばかり覗いてみましょうか。


噂の「離婚パーティ」はとにかく派手に


「カナ、離婚、おめでとーーー!!!」

きらびやかに着飾った女友達に祝福されながら、秋元カナ(31)は久々に晴れ晴れとした気持ちを取り戻していた。

今日は、いわゆる”離婚パーティ”を開催している。

女友達が主催してくれた今夜のパーティの段取りはこうだ。

離婚届を提出したその夜に、カナの大好きなタイ料理レストランで値段を気にせず食事をする(ありがたいことに、女友達の奢りだという)。その後バーをハシゴし、ホテルの部屋で朝まで飲み明かす。つまり、離婚をお祝いするために、朝までとことん飲みましょう、という会。

友人の亜美は、グラスを傾ける様子をスマホで撮影している。器用に片手でシャンパンを飲み、もう片方の手で先ほど撮ったビデオをインスタストーリーにアップしているようだ。

「#(ハッシュタグ)、離婚パーティっと…」

そんなタグをつけようとする亜美を、カナは慌てて制する。

「ちょっとやめて!まだそのタグ、日本では浸透してないから目立っちゃう。せめて英語にしてっ」

そんなカナの言葉に、皆が笑ってくれる。彼女たちは、カナが離婚を決意したとき、親よりも先に連絡したほどの仲だ。

既婚で子持ちの奈緒子、未婚の亜美、そして離婚したばかりの本日の主役・カナ。

大学のとき所属していたダンスサークル時代からの友人で、ライフスタイルは違えど今でもとても仲が良い。

ミーハーで新しいもの好きの亜美が「カナ、離婚パーティしよう!」と企画してくれたことで、今夜の集いが実現したのだ。

【#再婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo