#再婚 Vol.8

バツイチの友人ばかり何故モテる?婚活で不発が続く“32歳・未婚・彼氏なし”女が思わず起こした行動

ーこの人と離婚して新しい人と再婚すれば、簡単に幸せになれると思っていましたー

これは、高い恋愛偏差値を誇る男女がひしめき合う東京で、

再び運命の相手を求め彷徨うことになった男女のリアルな”再婚事情”を、忠実に描いた物語である。

時間軸にシビアな女たち、女性に幻想を抱き続ける男たち。

そんな彼らが傷つき、喜び、自らが選んだ運命に翻弄されてゆく…

さぁ、では。彼らの人生を、少しばかり覗いてみましょうか。

夫の不倫によって離婚を決意した秋元カナ。女友達に離婚パーティを開催してもらい何とか立ち直るが、デート相手に暴言を吐かれたり、社内の年下男子振り回されるなど再婚活はうまくいかない。

親友・亜美にルームシェアを提案されるもののなんとか断り、ようやく自分らしい日々を取り戻した矢先、カナは同じバツイチでエリート弁護士の岡部と出会う。ついには、知り合ってから2ヶ月というスピードでプロポーズされたのだった。

その頃、亜美は…?


上本亜美:友人の幸せを喜べない醜い自分を、必死で抑え込む


「やっぱり素敵なところだと、ワンルームでも最低家賃は13万円かぁ…」

上本亜美(31)は、六本木・けやき坂のスターバックスで、スマホを片手にもう20分も広尾周辺の物件情報を眺めている。

ー離婚したばかりの親友のカナとルームシェアをすれば、広尾や白金で暮らせるかも?

......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
亜美、真っ黒すぎる。
こんなマイナスオーラ全開じゃ異性も同性も避けるわ。
カナもわざわざストーリー上げるのはやりすぎだなあ。
最初は素敵な女友達だったのに、いつもの東カレマウンティングになってしまいお腹いっぱい。
2018/12/12 05:1499+返信6件
No Name
自分の性格が悪いのに、人のせいにばっかりしてるからモテないんだよー!
2018/12/12 05:0899+
あか姐
なんで私だけ、私ばっかり、って口尖らせてる人に魅力はないねえ。
2018/12/12 05:1099+
No Name
自分が紹介を頼んで、ホームパーティまでしてもらって、やる気のない態度はひどい(涙)
2018/12/12 05:1799+返信3件
No Name
「根性で美容液を塗りこみ」だけが気に入った!笑
2018/12/12 05:2499返信10件
もっと見る ( 122 件 )

【#再婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo