略奪愛 Vol.5

「もう彼とは無理…」別の男に心奪われた女が受けた、残酷な罰とは

人のものを奪ってはいけない。誰かを傷つけてはいけない。

そんなことは、もちろんわかっている。

しかし惹かれ合ってしまったら、愛してしまったら、もう後戻りなんてできない−。

渋谷のWEBメディアで働く三好明日香(24歳)には、学生時代から続く彼氏・昭人がいた。しかし小さな心の隙に、ある男の存在が入り込む。

ヘッドハンティングでやってきた新しい上司、大谷亮(おおたに・りょう)

次第に距離を縮めるも、気持ちをセーブしていた明日香だったが、出張先のホテルで大谷からキスされ想いが溢れてしまう。

ところが同僚の徹から、大谷が結婚していると知らされた


「三好、おはよう」

朝、オフィスのエレベーターホールで後ろから声をかけられた。

その甘く優しいはずの声が、しかし今となっては残酷に胸を抉ってくる。

「おはようございます」

無理やりに笑顔を作ってはみたが、上手には笑えていないだろう。私はそんなに器用な女じゃない。

−大谷さん、結婚してたよ−

事実を知らせてくれた徹の言葉が蘇り、私の胸は再びズキズキと痛んだ。そしてその後で、今度は「どうして」という疑問が湧いてくる。

どうして。結婚しているなら、どうして私にキスなんかしたの…?

できることならば今すぐ大谷を問い詰めたい。ひどい男だって、責めたい。

しかしそんなことが言えるはずもなく、悶々としているうちに昇りのエレベーターが到着してしまった。

出勤時刻より随分と早いからか、周囲を見渡すと私たち以外に誰もいない。

−今、二人きりになりたくない。

「あ…あの私、コーヒー買ってから行くので...!」

私は咄嗟にそんなでまかせを言うと慌てて踵を返し、エントランスにあるスタバへと舞い戻った。

不自然だったかもしれない。変に思われたかもしれない。しかしたとえそうだとしても、別にもう関係ないのだ。

大谷は結婚している。

彼が私にキスをした理由をいくら考えたところで、大谷への想いを確信したところで、もうこの恋に未来はないのだから。

【略奪愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo