略奪愛 Vol.2

社内で交わす秘密のアイコンタクト。惹かれ合う男女が、上司と部下の関係を越えるまで

人のものを奪ってはいけない。誰かを傷つけてはいけない。

そんなことは、もちろんわかっている。

しかし惹かれ合ってしまったら、愛してしまったら、もう後戻りなんてできない−。

渋谷のWEBメディアで働く三好明日香(24歳)には、学生時代から続く彼氏・昭人がいた。しかし小さな心の隙に、ある男の存在が入り込む。

ヘッドハンティングでやってきた新しい上司、大谷亮(おおたに・りょう)。

明日香は休日出勤で偶然居合わせた大谷から食事に誘われ、応じてしまう。


近づいていく心


「どうぞ、奥に座って」

並木橋からすぐの『イル フューメ』

大谷が直前に電話を入れてくれ、店を訪れるとカウンターが2席だけ空いていた。

これはデート…ではないのだけれど、長い間、昭人以外の男性と二人きりで食事に行く機会などなかったから、私はどぎまぎする心を必死で隠した。

テーブルにつき、そっと大谷の横顔を伺う。

けれども彼は、いつもどおりの涼しい顔。

…隣にいるのが私だろうが誰だろうが、きっと同じ表情なのだろう。そう思ったら、なぜか小さく胸が痛んだ。


大谷が聞きたいというので、私は会社の人間関係や噂話なんかを色々と話してあげることにした。

沈黙するとどうにも緊張してしまうから、話題が見つかってホッとしたのもある。

私の勤めるWEBメディアは社員100名弱がワンフロアで働いていて、そのほとんどが20代〜30代という若い会社。

それゆえ社内では色恋沙汰も含め、日頃から様々なゴシップが飛び交っているのだ。

「なんか、意外だな」

少し前に起きた、営業部VS企画部の熱血バトルの顛末を笑いながら話していると、大谷がふいに小さく呟いた。

「いや…三好さんって、初対面だとツンとして話しづらいタイプに見えたから。意外と気さくなんだな」

そう言って柔らかく笑う彼の目があまりにも優しくて、私は慌てて瞬きをする。

「そうかな。ツンとして見えますか?」

逆質問をして誤魔化す私に、大谷は正面を向いたまま独り言のように続けた。

「そういう女性の方が、俺は好きだけど」

この刹那、二人の間に一瞬、甘く痺れるような空気が漂った。

それに気がついたのは、きっと私だけじゃないと思う。

【略奪愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo