港区夫妻のトラブル事例 Vol.2

「パパ似の低い鼻は、ママが治してあげるね」美容外科医の妻が子どもに放った一言に夫がキレて…

何不自由ない生活を送っているように見える、港区のアッパー層たち。

だが、どんな恵まれた人間にも小さな不満はある。小さな諍いが火種となり、後に思いがけないトラブルを招く場合も…。

しがらみの多い彼らだからこそ、問題が複雑化し、被害も大きくなりやすいのだ。

誰しもひとつは抱えているであろう、“人には言えないトラブルの火種”を、実際の事例から見てみよう。

記事最後には弁護士からのアドバイスも掲載!

さて、今回のケースは…?

▶前回:離婚で8,000万の財産分与を主張する妻が、夫の“ある策略”にハマり…


Vol.2 夫婦のいびつなパワーバランスが生んだ悲劇

【今回のケース】
■年収格差が生んだ離婚と親権争い
・夫=明憲(36)会社員 妻=充希(36)美容外科医 息子=翔太(5)
・妻のモラハラにより、夫が離婚を希望。親権をめぐって争っている。


明憲は、穏やかに寝息を立てて眠っている息子の顔を、じっと眺めていた。

枕もとには、1枚の画用紙が置いてある。翔太が幼稚園で描いた絵で、今日幼稚園に迎えに行った際、「パパ見て!」と勢いよく差し出してきた。

画用紙には家族3人の姿が描かれていたが、構図が非常にアンバランスである。中央にデカデカと妻の充希の姿が描かれ、余白の部分に小さく明憲と翔太が並んでいた。

充希の顔は、目元が吊り上がり、怒っているように見えた。

「なんだ、翔太。ママに怒られてるのか?」

「違うよ、僕じゃないよ」

「ええ…?」

「パパが怒られてるんだよ。それで、ボクがヨシヨシしてあげてるの」

その絵が示す通り、夫婦内のパワーバランスには大きな差があった。

格差を生み出している主な要因は、収入だ。

充希は美容外科医で、年収は4,000万円以上。対して明憲の収入は、その約7分の1の600万円程度であった。

結婚して翔太が生まれたばかりの頃は、充希も育児への意気込みを示し、家事にも取り組む姿勢を見せていた。

しかし、時が経つにつれ任される割合が増え、今では明憲がほぼすべてをこなしている。

充希は仕事の後、毎晩のように飲んで帰宅し、翔太の世話をしないどころか、ろくに姿すら見せなかった。そのくせ、家事に関しては常に監視しており、完璧を求めてきた。

明憲が、翔太に朝食を食べさせるのに手間取り、うっかり洗い物をせずに出勤してしまったときなどは、片付いていないシンクの様子を写真に撮って送りつけてくる。

明憲は、翔太の描いた絵を手に取った。

充希と暮らすことで、翔太に悪影響が及ぶことは間違いない。

― 離婚しよう。

明憲は、翔太を連れて実家に戻ることにしたのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
育児放棄どころか、毎晩のように飲み歩きろくに帰っても来ない…姿すら見せないなんて😡 それなのに、夫の家事は常に監視しているとか鬼嫁どころか、鬼そのもの。
2022/06/12 05:3396返信8件
No Name
母親優先の原則があっても、ここまでひどい人に親権は渡したくないですよね…。
2022/06/12 05:2357返信4件
No Name
翔太くんに悪影響を及ぼしそうだから離婚ってのは分かるけど、翔太くんはパパもママも好きだと思うよ。どう折り合いをつけたら良い?
2022/06/12 05:3339返信5件
No Name
そもそも明憲と充希が結婚すること自体、無理があるだろう。充希もちょっと遊んで手をひけばよかったのに。
2022/06/12 05:4520返信3件
No Name
シンクに置きっぱなしの食器を写真撮って送る時間があるなら自分が洗えば良いのに。
2022/06/12 07:4416返信1件
もっと見る ( 43 件 )

【港区夫妻のトラブル事例】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo