純度100%!2種のうにをシャリにまで混ぜ込んだ、“うに史上最高傑作”が港区にあった !

港区に鮨店は数あれど、この店ほど、ユニークで楽しさに満ちたお店はない。

西麻布の『鮨いち』には、この街どころか、東京で最もフォトジェニックと言っても過言ではない握りがある!


実直な鮨だが、見せ方にセンスが光る。これが、港区で一番映える〝うに〟
『西麻布 鮨いち』の「うに鮨」

世は空前のうにバブル。鮨店はもちろん、肉自慢のレストランにも、酒場でも、うにを使ったメニューが並ぶ。まさに、ネコも杓子もの状態。

しかし、断言しよう。港区で最も美しいうには、西麻布交差点裏にひっそりと暖簾を掲げる『鮨いち』にある。

暖簾をくぐればゆったりとした白木のL字型カウンターが。客層は港区の鮨店らしくIT系やマスコミ系が多数。落ち着いた雰囲気でリピーターが多いのも納得


店主の佐藤氏は、港区内の鮨店で修業を積み、3年前に独立。

この街の空気感をいち早く読み取るセンスと柔軟性にあふれる店主が、「記憶に残る鮨を」という想いを表現したのが、こちら。

港区の鮨店で修業を積んだ店主の佐藤陽一氏。仕事熱心な職人肌だが、物腰は柔和。コースを¥13,000と¥18,000 に設定したのも「もっと気軽にお鮨を楽しめる店があったらいい」という思いから


スプーンにこんもりと盛られた様子は、かまくらのようで、なんとも可愛らしい。2種のうにを贅沢に使い、シャリにもうにを混ぜ込んだ、まさに純度100%の一品だ。

シャリに混ぜたうには北海道・礼文島のもの。軽く蒸すことで甘みをぐっと引き出している。

上には青森県の紫うにをたっぷりとのせて。ほぼ手毬サイズのうに鮨をほおばれば、得も言われぬ幸福感に包まれる。

このビジュアルもさることながら、味のインパクトも絶大。

舌が肥えた女子も、この「うに鮨」の前では平常心ではいられまい。

カウンター裏にある焼き場で焼き上げるため、香りのインパクトは相当

無論、ほかのネタにも趣向あり。

軽めに炙ったのどぐろの手巻きや、その場で焼き上げ、野生的な香りを引き出した鰻の握りなどが続々と登場する。

「値段もさぞや……」な豪華ラインナップだが、コースは1万3,000円からと、良い意味で期待を裏切る良心価格。

丁寧な仕事に宿る真心と、チャーミングな遊び心。これこそが港区鮨の真髄といえるだろう。

まずはふっくらと焼いたのどぐろをゲストの前に。脂をたっぷりとたたえた魚の芳しい香りに思わずのどが鳴る

シャリにのどぐろとあさつき、ごまを混ぜ合わせる。魚の脂がシャリに溶けだしてまるで、バターを加えたような照り感に!

有明産の海苔に巻いてゲストに手渡し。「巻物は海苔のパリッとした食感や香りも楽しんでもらいたいので手渡しが多いです」

西麻布の場合、裏通りや目立たない場所にこそ鮨の名店あり

Photos/Ryoma Yagi, Text/Keiko Kodera

本日発売の月刊誌「東京カレンダー1月号」は、「港区」の高揚感を紐解く!

年末は「港区」でワクワクしたい!

「行けば必ず楽しいことが起こりそう」、そんな予感がする街「港区」。

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は11/21(水)!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo