ポイズン・マザー Vol.9

「“普通”の結婚をしないと、世間は許してくれない…」格下の花嫁から嘲笑われた、32歳女の悲痛な叫び

「親を大事にしろ」

人はそう、口を酸っぱくして言うけれど。
生まれてくる親を、子は選べない。

名誉や金にすがった親の“自己愛”の犠牲となった、上流階級の子どもたち。

代々続く地方開業医の娘として生まれた七海も、そのうちの一人であった。

父の死をきっかけに、母は本性をあらわした。そんな母との関係に苦悩する女の、“幸せをかけた闘い”が幕をあけるー。


父の死後、少しずつ様子がおかしくなっていく七海の母・真由美。一方、七海はベンチャー企業を経営する諒太(29)と結婚前提の同棲をスタートさせるが、母、そして姉の沙耶から結婚を反対されてしまう。

誰にも母の異常性を理解してもらえず苦しむが、七海はついに母の承諾を得ることを諦め、自分たちの意思で結婚することを決意した。


「えっ、ご新婦のご家族は、結婚式に参列されないんですかぁ?」

目の前に座る20代半ばの女性が、ばちばちと瞬きしながら、驚いた表情で私を見つめている。

「はい、結婚式というよりは1,5次会のような感じにして、ゲストも友人中心にしようと考えています」

私が淡々とした調子......


【ポイズン・マザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo