ポイズン・マザー Vol.2

ポイズン・マザー:「あなたの結婚に、全てを賭けているの…」“院長の妻”という肩書きを失った母の、大暴走

「親を大事にしろ」

人はそう、口を酸っぱくして言うけれど。
生まれてくる親を、子は選べない。

名誉や金にすがった親の“自己愛”の犠牲となった、上流階級の子どもたち。

代々続く地方開業医の娘として生まれた七海(31)も、そのうちの一人であった。

父の死をきっかけに、母は本性をあらわした。そんな母との関係に苦悩する女の、“幸せをかけた闘い”が幕をあけるー。


七海は、父の死後少しずつおかしくなっていく母の様子に気がつく。

母は、父が大切にしていた車や時計を「必要ない」と言って次々と売り払ってしまう。さらには、都内の超高級マンションを購入していたのだった。


「七海に紹介したい男友達がいるの。七海の写真見て、すごく気に入ったらしいんだ。ああいうの、一目惚れっていうのかな?」

ある日、高校時代からの親友・美寿々から突然そう言われたとき、私は全く気乗りせず、むしろ弱気になった。

「…でも、実際に会ってガッカリされたらどうしよう?」

思わずそう呟くと、美寿々は呆れた顔でため息をつく。

「また、出た。七海はすごく美人なのに、なんで昔から、恋愛が絡むとそんなに自信がないんだろう?」

「さあ…」

苦笑いをして、それ以上は何も答えられなかった。

私は10代のころから、恋愛が苦手だ。

容姿や人とのコミュニケーションで、取り立てて苦労したことはない。勉強も得意だし、仕事もなかなか順調だ。なのに恋愛となると、途端に自信がなくなってしまう。

仮に誰かを好きになっても、先に結論をだしてしまうのだ。「私が、この人を振り向かせられるわけがない」って。

クラスで一番モテる女の子や、彼氏が途切れたことのない友達は皆、女として自分への確固たる自信に満ち溢れている。そんな恋愛市場で、自分の魅力に誇りを持てない女が勝ち残れるはずがない。

だから私には、自分から好きになった誰かを手に入れた経験は一度もなくて、いつも相手から押されて付き合うことばかりだった。

思えば、子供のころから私は、どこか自分に自信がなかった。母は、私のことを決して褒めてくれなかったのだ。

「私のほうが、どう見ても七海より美人よ。私、あなたほど鼻が低くないし、顔だってあなたの方が大きいじゃない」

学校で「桐谷さんは、お母さんにそっくりね」と先生から言われたことを、私が照れながら母に報告したとき。母は、寝室の鏡に映る自身の顔をじっくりと覗き込みながら、真顔でそう言った。

【ポイズン・マザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo