男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~ Vol.1

男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~:交際2年目の彼氏がいる30歳女。プロポーズを期待していたのに…

「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?


夏原千紘、29歳。上京12年目の別れ


― 記念日なのに残業になっちゃった。大事な話ってもしかして、プロポーズかな!?

渋谷にあるオフィスを出た私は、タクシーに飛び乗った。車中でメイクを整えながら時計に目をやると、時刻は20時半。約束の時間から30分以上過ぎている。

付き合って2年記念日の今夜。恋人の幸太郎から、ディナーに誘われていたのだ。

妄想を膨らませながらエスカレーターを駆け上がり、待ち合わせしていた『DAL-MATTO』に入る。店内を見渡すと、彼は一番奥の席でグラスを傾けていた。

「遅くなってごめん!急いで入稿しなきゃいけない原稿ができちゃって」

「…千紘、お疲れ。部署異動しても忙しいんだね」

そう言って、幸太郎は控えめに口角を上げた。

私と幸太郎は、今年30歳。

彼は目黒生まれで、生粋の東京育ち。現在は大手商社で働いている。

一方の私は「作家になりたい」という漠然とした夢を持って、大学入学とともに愛媛から上京したが、今は廃刊寸前の週刊誌の記者。毎日ゴシップネタを追いかけてばかりだ。

幸太郎との出会いは2年前。私が担当していた連載の、取材窓口となってくれたのが彼だった。

そして幸太郎を見た瞬間、胸が高鳴った。彼は私の初恋相手・大和にそっくりだったから。

「私、ここのフォカッチャ大好き。オリーブオイル、どれにする?」

「千紘が決めていいよ」

メインディッシュを平らげ、〆のパスタが運ばれてくるまでの間。幸太郎は急に真顔になって、ポケットから何かを取り出そうとした。

― くる。プロポーズだわ…!

心臓がバクバクと音を立て始める。しかし彼が取り出したのは、指輪なんかじゃなかったのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自転車に乗りながら千紘の電話に出て海に落ちた

すごい衝撃的😭 だけど状況がよくわからない。電話で話しながら落ちたなら、千尋も気づくだろうし…
2022/07/26 05:2171返信14件
No Name
東カレは年齢で区切るのすごい好きよね、笑。
でも、面白くなりそうなので期待してます〜。
2022/07/26 05:2245返信1件
No Name
Netflixの海外ドラマであるようなスタートで、この後期待できそうかなとは思ったのですが、レストランの描写が…。
メインディッシュを平らげ、〆のパスタが運ばれてくるまで
えーー、イタリアンでパスタは〆?とかではないんだけど。サービスされる順番逆だし。こういう所、グルメ雑誌なので書き手側も少し知識があったほうがいいのにと思ってしまった!ここだけかなり残念。
2022/07/26 05:2730返信5件
No Name
なんだか面白そうなの始まった。変な連載じゃありませんように!
2022/07/26 05:1818
No Name
放課後の教室での会話が最後なら、千紘は本当に大和に電話したのかな。真相は大和のみが知るだけど。
東京も憧れて行くのと逃げるように行くのでは行った時の心情も違うだろうし、今千紘、幸太郎の件を抜きにしても幸せ?
2022/07/26 05:3017返信1件
もっと見る ( 44 件 )

【男女上京ヒストリー~12年目の悲哀~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo