たった8席のテーブルで最高の贅沢を!新橋で叶う特別すぎる大人のデートとは?

新橋の中でも“オヤジの聖地”ともいえる大衆酒場街の先に、なんとデートに最適な名店が隠れていた。

都内でも最高級のレベルであるこのフランス料理店に伺えば、あまりの世界観の違いに、新橋の奥深さを体感するはずだ。

大人の自尊心を満たすのは高品位な空間と一期一会の極上フレンチ
『Restaurant La FinS』

何も言わなくても、ここに行くだけで本命の相手に気持ちが伝わる。

経験できるのは、リッチな空間で過ごす贅沢なひととき。二度と食べられぬその日限定のメニューもふたりの思い出になるだろう。

正直、その辺の旅より『レストラン ラ フィネス』の方が非日常。そう言い切れるのは、ここでの時間がいくつもの特別感に溢れているからだ。

まず、限定8席にしては50坪とかなり広く、かつ5つ星ホテルのように優雅。そうこう驚いているうちにカウンターに通され、シャンパンをいただく。

白アスパラガスのクリームスープを固めたものや、フォアグラのマカロン等によるアミューズ。ディナーコース¥22,000、ワインペアリング4種¥8,000~


ご挨拶程度の一杯と違う豪華なシャンパンに、最上のアテも登場。5種のアミューズは、ディナーへの期待を存分に高める旨みの塊。すでに高揚してテーブルに移動すると、テーブルウエアの美しさが格別だ。

たとえば水のグラスは希少な「エルメス」で販売される「サン・ルイ」をセレクト。「水にもお金をいただく以上、日常では使わないものをご用意しました」とは、オーナーシェフの杉本敬三氏。

山菜をベースに、浅蜊のジュースや鶏コンソメで仕上げた野菜のひと品


最上級のホンモノを提供するのは、明確なビジョンのもとにフレンチを突きつめてきた杉本氏ならではの個性だ。料理の道を志したのは8歳のとき。

19歳で渡仏し、22歳でひとつ星レストランのシェフとなった。

32歳で帰国し店をオープンさせたのが7年前。自身を〝独学者〞と言い、そんな杉本氏の世界を体感できるのがここでのコース料理なのだ。

天草の岩牡蠣をトピナンブール(菊芋)やキャビアなどと合わせ、ひと皿70万円の銀食器で提供


メニューには素材のみを記載。杉本氏がゲストと話をし、スタイリストのように一品ずつをコーディネートしていく。

料理によって使い分けるフォンは6種、取引している魚業者は全国60軒、ひと皿70万円の銀の器を使用する。これら数字をみるだけで、どう圧倒的か少し伝わるだろう。

桑名のハマグリと三河湾の本ミル貝を京都福知山の筍とともに食す。

席数に対して明らかにパーソナルスペースが広い店内。少量ずつ計20種のペアリング(¥18,000)をオーダーするゲストが多いため、テーブルにはワイングラスがズラリと並ぶ


そしてワインは、フランス時代にワイン造りも経験していた杉本氏の〝お友達〞の銘酒がそろう。

「ひと皿作った時に、どの生産者に食べてほしいかを念頭にワインを選んでいます」とペアリングを決める。美酒美食への逃避行は、西麻布に行かずとも体験できるのだ。

ひとつ上の新橋へ。本日発売の月刊誌「東京カレンダー7月号」は一冊すべて、新橋特集!

いつもと違う「上質な新橋」を大人は知っておくべき!

「新橋には期待していない」、なんて貴方のために「ひとつ上の新橋」を完全網羅!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は5/21(月)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo