神田にある“こぼシャン”発祥の店がココ! 表面張力ギリギリの注ぎの瞬間は最高に盛り上がる!


話題のお店も多く、いま注目を集めているのが、神田エリア!

丸の内や大手町などのビジネス街からも近く、大衆的で雑多な雰囲気がまた心地よい。

今回はそんな神田の中でも、ワイン好きから人気のお店をご紹介!

朝まで営業しているので、使い勝手もよく、覚えておきたい一軒だ!

1階のエントランスは立ち飲みもOK


神田でワイン。普段は品行方正な丸の内の人々も、今日は朝まで!

となれば、朝4時まで営業している『ヴィノシティ』は覚えておきたい。

そもそも、こちらはグラスいっぱいまでシャンパンを注ぐ“こぼシャン”の元祖の店。

ご覧の通りこぼれる寸前まで注いで¥1,400!と、店にとっては赤字覚悟の名物だ。

まずは「ちゅ~♥」と飲んでから乾杯するのが『ヴィノシティ』流。「ペリエ・ジュエ」など銘柄は毎月替わる。「こぼれシャンパーニュ」¥1,400

階段を下れば、ワイン好きが集まるにぎやかな空間が広がる。4名席が基本だが、奥のソファ席であれば、8名にも対応可能


次々に銘柄が入れ替わるワインは常時約80種そろい、1本2,000円台後半がメインと、なんと市場価格の半額程度。

これだけ安くできるのは、姉妹店のほか、スクールやショップも展開するグループでの仕入れができるから。

しかも、ワインに合う料理や席のタイプも豊富でふたりからグループでの飲み会まで、あらゆるシチュエーションを受け止めてくれる。

神田で肩肘張らずにワインを飲むなら、ここは覚えておきたい!

カラフルで珍しい約10種類の野菜を、優しいソースが引き立てる。「三浦の畑からオリジナルバーニャカウダ」¥1,100

人気No.1メニューは、140gのフランス産フォアグラを気前よく使った「フォアグラのソテー 本日のソースで」¥1,600

本日発売の月刊誌「東京カレンダー11月号」は丸の内OLが語った「丸の内の真実」を大特集!

仕事観から結婚観。丸の内OLのすべてがここに!

丸の内を象徴する丸の内OLを通じて、この街のリアルに迫った!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は9/21(金)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo