東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画 Vol.123

目の前のライブ感がたまらない!楽しくて美味しい体験型レストラン


今、プレゼン型のレストランが熱い!

なかでも注目の新店『KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマン ライブキッチン東京)』の楽しさを動画でたっぷり紹介しよう。

調理の光景、香り、音、全てを間近で体感できる楽しさは堪らない!

今、プレゼン型のレストランが注目を集めている。なかでも食通からの熱い視線が集まっているのが2018年11月に誕生した『KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマン ライブキッチン東京)』だ。

同店では“融合”をテーマに月替わりのコース料理を提供。テーマの通り、ジャンルの異なるシェフ2~3名がタックを組み、ここでしか味わえない唯一無二の料理を生み出していく。

グルメ好きならずとも毎月どんな料理に出会えるのかと、期待に心が弾むはずだ!

長崎県産の新鮮な食材の紹介だけでも食欲をかき立てられる

6月3日(月)~28日(金)は、「横浜うかい亭」の猪狩健一料理長と、京都で約450年の歴史を刻む老舗料亭「瓢亭」の高橋義弘シェフがタッグを組む。使用する食材は長崎県産。

席につき、まず始まるのは食材のプレゼンテーション。大型モニターが複数設置されており、全ての席からライブが楽しめるのも嬉しい。

新鮮な鱧や穴子、長崎和牛サーロイン、瑞々しい野菜、キャビアまで、生産者のこだわり詰まった食材たちが、巨匠たちの手によって極上料理へと昇華されていく様子を間近に見られるのだから贅沢極まりない。

「鱧の酒蒸し ジャガイモとウニの真丈 すまし仕立て」

今回は6月に提供されるコースから3品を紹介しよう。

まずはお椀「鱧の酒蒸し ジャガイモとウニの真丈 すまし仕立て」。ライブキッチンでは、鮮やかな鱧の骨切り、鱧を蒸し上げるシーンなどを楽しめる。

目の前に料理が運ばれ、椀の蓋を開ければ、『瓢亭』こだわりの鮪節を使った出汁のいい香りがふわりと漂う。長崎県の日本酒「福田 純米 山田錦」を使い、蒸し上げられた鱧は、ふんわりと柔らかく味わい深い。

そして、長崎県産の男爵芋のしんじょうを箸で割れば、中から焼きウニが顔を出す。いつまでも味わっていたくなるような、優しい味わいのお椀である。

「長崎和牛サーロイン 塩がまロースト」、ワインは「シャトー・オー・ド・ラ・ベガード 2011(ポーヤック)」を合わせて

続いては肉料理「長崎和牛サーロイン 塩がまロースト」。塩がまを豪快に割り、なかから和牛サーロインが取り出される瞬間は、大歓声間違いなし。

塩がまに、もろみ、ローズマリー、タイムを練り込むことで結晶の粗い塩を作り出し、1時間ほどかけてじっくりと火を入れ、じんわりと香りと味をしみ込ませた和牛は、美しいロゼ色をたたえ、テーブルへと運ばれてくる。

直接ではなく、間接的に加えられた香りと味は、食材に奥行き、深みを与えており、噛むほどに旨みが増していく。

付け合わせには、ヤングコーン、クレソン、ラタトゥイユ。アツアツを食べて欲しいという想いからラタトゥイユは、目の前で盛りつけて貰えるのも楽しいパフォーマンスだ。

「穴子の炭焼き バルサミコ風味のばらちらし」。米も長崎県産のひのひかりを使用

最後はお食事「穴子の炭焼き バルサミコ風味のばらちらし」。

ライブキッチンには、炭台がセットされ長崎県産の穴子を香ばしく焼き上げていく。バルサミコ酢と醤油を合わせたタレを塗りながら焼き上げていく様子は、見ている人の食欲をかき立てる。

シャリには、キュウリ、新生姜、ルッコラ、梅、胡麻、ケッパー、山椒といった具材が入り、豊かな食感と香りを生み出している。

酢と白いバルサミコを混ぜ合わせてシャリを作っていることにも注目したい。それは日本のちらし寿司に、洋のバルサミコを加えることで、世界との交流の場として栄えてきた長崎の文化を表現した一皿なのである。

ヒューリックスクエア東京B1Fに位置

また料理だけでなくその月のコース料理のために用意された「ペアリングコース」(3杯コース5,000円、5杯コース7,000円)も楽しめる。

また6月以降のシェフや料理も続々と決定。7月には『たん熊北店』の栗栖正博氏と、『イル ギオットーネ』の笹島保弘シェフが熊本産の食材を使ったコース料理で、訪れる人を出迎える。

今後の予定からも目が離せない『KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO(キッコーマン ライブキッチン東京)』は、今がイキドキだ!

【東京カレンダーイチオシ! 「見て楽しい、食べて美味しい」グルメ動画】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo