東京マテリアル・ガールズ Vol.9

欲望の蟻地獄にハマった女。“あの女”に勝っても、圧倒的な敗北感に苦しむ理由

女同士の闘いなんて、くだらない?

美貌・財力・センスのすべてを手に入れた女たちが繰り広げる、ヒエラルキー争い。

男からは求められ、女からは妬まれ、そして羨望の的となるカリスマ読者モデルの世界。

己の自己顕示欲を隠すことなく曝け出す彼女たちは、時に結託し、時に競い合う。

くだらない、と思うならどうか覗かないで欲しい。

優雅で美しくも、水面下で死にもの狂いで闘う、女たちの醜い生き様をー。

会計士として働くあおいは、女性ファッション誌『GLORY』の読者モデルとなり、インフルエンサーとしての地位を確立していく。

スタイルブック発売企画の候補だと知らされたあおいは、同じく候補である景子に張り合い、彼女がフォロワーを購入していることを編集部に告げ口してしまう。


「それは…本当のことですか?」

あおいが思わず口にした言葉に、副編集長の大沢の表情は分かりやすく歪んだ。

ー高田さんって、フォロワーの半分以上を購入しているらしいですよ。

この話自体は、嘘ではない。珠緒から、景子が実際にフォロワー数を水増ししている証拠を見せて貰っている。

だがー。

「もし今の話が事実であれば、上に報告しないわけにはいきません。販売部数の予測にも響きますし。そうすると…。」

ほんの報告のつもりだったが…大沢の強い口調を聞き、あおいは動揺を隠せなかった。

「9割方、木下さんのスタイルブックが発売されることになると思います。そうなれば今秋の発売に向けて今からかなり忙しくなりますので、覚悟がいるかもしれません。お仕事などは大丈夫ですか?」

そう語る大沢の目は鋭く、あおいが景子のことを告げ口したことを糾弾しているかのようにも見えた。

【東京マテリアル・ガールズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo