シバユカ Vol.2

シバユカ:お食事会は無意味。婚活に励む丸の内OLが早々に見抜いた、男の本音と矛盾

女の人生は、多様性に満ちている。

女性活躍推進が叫ばれる今、社会から女性への期待は増す一方だ。

最近では高学歴でもキャリア志向を持たず、あえて一般職の道に進み、結婚しやすい環境を整える女性も多いと聞く。

−男に頼って、何が悪いの?−

「恋の大三角形」に登場したゆるふわOL・“シバユカ”もまさに、そのひとり。

慶大経済学部卒の学歴を有していながら、大手不動産会社の役員秘書に甘んじるシバユカ。実は彼女には、したたかな野心があった。

“結婚ありき”の人生を描くシバユカはさっそく婚活に勤しむが、残酷な現実を目の当たりにする。


丸の内OLのアフター6


金曜、18時。

オフィスフロアの化粧室は、さながらメイクルームだ。

「お疲れ様でーす」

秘書部の先輩たちに紛れ、私もポーチを取り出す。

ミントグリーンのカーディガンに、白いフレアスカート。ネックレス&イヤリングは控えめに、お揃いの一粒パールで。

ゆるく巻いた髪はaccaのクリップでハーフアップ。アイメイクはブラウンで優しさを演出し、チークとリップはピンク以外ありえない。

あざとくて、上等。

こういうTHEモテコーデを、嫌う男性はまずいない。好感度の高い服装をすることは、私にとって至極当然の選択だ。

「シバユカも、これからお食事会?」

「ええっと…まぁ、そんなようなものです」

3つ年上の先輩・優奈さんに声をかけられ、私は迷いつつも頷く。すると、優奈さんの肩越しに、繭子さんもひょっこりと顔を覗かせた。

「1年目の丸の内OLって、本当に誘いが途切れないよね。特にシバユカは可愛いから、あちこちから引っ張りだこでしょう?」

私が否定も肯定もせず曖昧に笑っていると、メイク直しを終えた二人は「じゃあねぇ」とテンション高く化粧室を出て行った。

「今日の外コンくん、イケてるといいなぁ♡」

先輩たちがキャッキャと笑い合う声を聞きながら、私はジョーマローンのイングリッシュペアー&フリージアをひと吹きする。

「さて、と」

待ち合わせは、20時。

少し時間があるから、丸ビルで買い物でもして時間を潰そう。

約束している男の顔を思い浮かべたら、ちくり、と胸が痛んだ。

【シバユカ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo