女たちの選択 Vol.2

「自分が不幸だなんて、知らなかった」清純な妻が、妖しい色香を纏う女に化けた理由

—“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定観念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

選択の結果には常に自己責任が伴い、実際は、その重みで歪む女は少なくない。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。結婚願望が強い女・美香(34歳)に続き、今回は人妻の真弓(32歳)に話を聞いた。


「何事も、重要なのは“バランス”だと思いませんか」

まるで自分に言い聞かせるように、真弓は静かに目を伏せた。

「ひとりの男性に永遠の愛を誓う時代でもないじゃないですか。なら子どもたちのために、円満な家庭を築ける道を選んだだけの話です」

口調こそ穏やかだが、そこには何かを振り切るような、投げやりとも思えるような意思の強さが伺える。

「私は23歳で長男を産んだんです。年子の娘も小学生になりました。主人はひと回りも年上ですし、もうどうやっても“男女の仲”には戻れませんから」

そうしてニコリと微笑んだ真弓の表情には、粘るような色気があった。

若くして結婚した女というのは、その時点で時間が止まってしまったような、ふわりとした空気感を纏っていることが多い。

しかし真弓は、清純と色香という相反する不思議な気配を漂わせていた。

「私のこと、最低な母親だと思うでしょう。でも...」

さらに彼女は、衝撃的な言葉を口にしたのである。

「子育ても落ち着いたし、外で恋愛でもしてみたら?と私に提案したのは、主人なんですよ」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
彼女はなにも悪くない。
旦那含めて外野は、余計なお世話…。
彼女も旦那が好きなら、流されずに旦那ともう一度向き合ってみてほしい。
頑張って!
2019/06/15 05:1599+
No Name
子育てに邁進する妻を女として見られなくなって、でも若くして結婚してしまった妻への責任感もある。ここには書かれていないけれど、年も近く価値観も合う、この先の人生をパートナーとして生きていきたい女性がいるのかも。
外に羽ばたいて自立して恋愛してくれれば、自分の肩の荷もおりる。都合よく子育てや家庭から逃れて自由を楽しむ最低な夫だな、と思った。
2019/06/15 06:3799+返信2件
No Name
人に憐れまれる、かわいそうだと思われるのは、すごく腹立たしいことだよね。
専業主婦になれば自分の時間がなくてかわいそうと言われ、仕事をがんばって家族のいない人生を送れば幸せじゃないと言われ、もうほっといてほしいと思うわー
2019/06/15 05:5999+返信13件
No Name
20代前半で結婚、出産、育児と仕事に明け暮れ30代半ばで離婚しました。人生で一番キラキラな時を色々な意味で犠牲にしましたが、そんな私も今や40代。一人息子はすっかり大人。幸いずっと仕事にも恵まれ私一人でここまで突っ走ってきたけど、ある時ふと思った。そろそろ自分のしたいことしてもいいかな?若い時友達が楽しんでた海外旅行、温泉、イベント等‼️自由になった今こそ楽しまないと年取って動けなくなったら後悔する。人生ってどこかで帳尻が合うのかもしれません。若い時楽しそうだった友達はまだ子育てしていたり婚活中だったり。大変そう。実は最近、私の人生の後半一緒に過ごしたいなと思ってる方もいます。ひょっとしたら私のキラキラ期は今からなのかもしれません。そう思うとちょっとワクワクです。
2019/06/15 08:5399+返信3件
No Name
妻としての幸せ、母としての幸せ、女としての幸せ、自分個人としての幸せ
どこに重きを置くのかは人それぞれだから、自分の思う幸せを突き進んでほしい…
2019/06/15 05:3655返信3件
もっと見る ( 61 件 )

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo