女たちの選択 Vol.10

「子どもは要らない」世帯年収2,000万円超のDINKS妻が、産まない選択をした理由

−“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定概念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。

前回は年下男と結婚し、金より愛をとった咲子を紹介した。今回は、「子どもはいらない」と話す世帯年収2,000万超のDINKS妻・加奈(38歳)のお話。


「今、私は38歳なのですが…ようやく、本当にようやくです。“子どもは?”なんて、デリカシーのない質問をされずに済むようになったのは」

加奈はそう言って、過去の嫌な記憶を思い出したのか、眉間に軽くしわを寄せた。

時刻はまもなく21時になろうとしている。

彼女の会社は有......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
こういう女性きっとたくさんいるよね。要らない!という言葉の裏には沢山の葛藤があったはず。いいご主人で良かったね。
2019/10/06 06:0499+返信9件
みやこ
「子供はまだ?」こんな質問するクズは、世間全員の不妊治療代を寄付する覚悟で言え!
2019/10/06 06:1099+返信7件
田舎者
“自分基準”や”全ての人は自分と同じ価値観だ”、と言う人確かにいます。余計なお世話だよ。
2019/10/06 06:1699+返信1件
No Name
子ども産まれたばかりで休日ゴルフだけならまだしも、後輩の家で酔っ払うまで食事する人に子どもはまだ?とか言われたくないです!そんなに可愛い子どもがいるなら早く帰って遊んであげればいいのに。
2019/10/06 08:5299+返信4件
No Name
子供は授かるのであって、作るのではない。
授かるご縁があれば受け入れ、大切に産み育て、大人になったら社会へ送り出し、見守るだけ。週に2~3回の営みがあるのに一年以上妊娠しないと不妊の可能性が出てくるけれど、誰もが不妊治療に進む必要はない。
主人公は世間に振り回されない、自分自身で考えられる人で、夫と話し合いもできて、とても素敵。
2019/10/06 07:4199+
もっと見る ( 80 件 )

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo