女たちの選択 Vol.9

「お金なら、私が稼ぐから…」金より愛を選び、自ら世帯主となることを決めた女の後悔

−“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定概念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

選択に結果には常に自己責任が伴い、実際は、その重みで歪む女は少なくない。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。前回はモラハラ夫に虐げられる久美子を紹介した。

今回は自らが世帯主となることを決めた咲子(32歳)のお話。


「私…お金に目をくらませて、うんと年上のおじさんと結婚しちゃうような女のこと、心底バカにしていたんですよ」

週末、目黒川沿いの『JAHO COFFEE at PLAIN PEOPLE』。

窓の外では、晩夏の日差しを浴びた木の葉が揺れている。

のんびりと穏やかな時間が......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
こんな甘い考えの人と一緒に住むのは、キツイ!
家賃は支払ってもらっていたら、違ったかも…
2019/09/21 05:4499+返信1件
No Name
この無職の年下男、家から追い出されるとなったら、大騒ぎして慰謝料要求、下手したら刃傷沙汰になりそう。怖い怖い。
2019/09/21 05:5599+
田舎者
だって好きで結婚したんでしょ。「専業主夫」になってもらえばさらに活躍出来るとは思わないのか?

あと、「世帯主」は任意だよー。収入とは関係ないと思います。
2019/09/21 06:1475返信2件
No Name
私もこの主人公と似た感じでの同棲生活の始まりでしたが、家賃・光熱費を私が払い続けて4ヶ月目に、いつか楽をさせてあげたいと思ってるけど今は折半しかまだ出来ない、でもそれだけでも良いから払いたいって言われてそうなりました。それをキッカケにプロポーズを受けて結婚しましたが、私の生活レベルに合わせさせた住環境だったため全てを折半すると彼が自由に使えるお金は月4〜5万になってしまいましたが、彼の男のプライドを見てその通りにしてからの彼の飛躍はめざましかったです。この主人公は心が弱ってる時に結婚相手を選んでしまったからの結末なのかなぁと思ったり…男が単純に男気ないタイプのような気もしたり…主人公が幸せになれますように…
2019/09/21 06:5773返信1件
はる
女性側が大黒柱でうまくいく例もあると思うし、結局はその人次第なのかなと思ってしまった。ただ、周囲や親の反対を推し切って幸せになれた人は少ないのかもしれない。。。
精神的に自立していて、人としてのレベルがつり合っていれば、収入格差があっても大丈夫じゃないかと思った。
2019/09/21 05:3038
もっと見る ( 47 件 )

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo