メニューによります Vol.4

自称、最強の“おしょくじがかり”!?M気質なIT社長と、港区の極上和食に酔う

男性から食事に誘われたら、ひな子は必ずこう答える。

「メニューによります😏最近忙しいので......」

美貌・知性・若さという女の市場価値を決める3大条件、すべてにおいて最高値を誇る女・ひな子。

―中途半端な店に、私を誘わないで―

そのセリフの意図を汲み取った選ばれし男たちは、高飛車に肥えた彼女の舌を唸らせるべく、東京中の美食をめぐり、試行錯誤を繰り返す。

これまでは、イケメン独身貴族・久保『ペレグリーノ』社会人デビュー男・浩一『Furuta』重鎮経営者・亀ちゃん『味満ん』の誘いに満足した。

さて今宵、ひな子様を満足させるレストランのスペシャリテとは?


―ひな子先生、お元気ですか。久しぶりに先生をもてなす会を開催したいのですが、ご関心ございますでしょうか?

就寝前に肌の手入れをしていたひな子は、「ふむ」と心の中で頷く。

妙に丁寧な文面でLINEを送って来たのは、IT系の会社を経営する増林だ。31歳という若手にしては中々の成功を収めており、また自らを「最強のおしょくじがかり」とアピールする、一風変わったグルメ男(独身)である。

―メニューによります(^_-)

彼の美食センスを疑うわけではないが、念のため、いつもの決めゼリフで予防線を張る。

市場価値MAXの女は、基本的に誘い数多であり、選べる立場にある。しかし、全盛期はあっという間に過ぎていくだろうことをひな子は知っている。花の命は短いのだ。

だからこそ、一夜たりとも無駄にはできない。男たちには、最高のメニューを提案させなければならない。

―さすが、ひな子先生。今回は、乃木坂の“極上和食”の個室をキープします。いつもの2on2でいかがでしょうか。

ひな子は増林の返信に満足する。その極上和食とは、去年の新店の中でかなり話題になった“あの店”に違いなかった。

SK-Ⅱの3Dマスクを剝がすと、ひな子の肌は内側から発光するかの如く、一点の曇りもない輝きに満ちていた。

【メニューによります】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo