みりんと俺 Vol.9

みりんと俺 最終回:「人は見た目が9割」の男を変えた、“みりん系女子”の魅力とは

ようやく付き合えたと思った彼女が、「もうついていけない」と言い、俺の部屋を出て行った。

そんな彼女の気配が98%消えたガランとした部屋で、気を紛らわすために開けた、キッチンの戸棚。

そこにあったのは調味料。しかも、目についたのは、自分で買った覚えのない、何度か遊んだだけの女が残していった「みりん」。

部屋に残された、みりんと俺。

みりんを見るとあの女を思い出してムカムカしてきたが、所在無げにしているみりんを見ると何だかやる気がなくなった。

商社マン・マサシは、憧れの女性・早紀に離婚協議中だという衝撃の事実を打ち明けられる。離婚成立を待っていたが、その恋は賞味期限切れだった。そんな時、本命にはならないと思っていた典子の料理の励まされたマサシは…?


「人は見た目が9割」と言い切る男の本心とは?


「元気出してね。」

メモとともに置かれていた、典子が作ったフレンチトースト。その懐かしい甘さにハマって、自分でも何回か作った。あの日以来、結構な頻度で典子に会っている。


―人は見た目が9割。


前に読んだ本のタイトルをふと思い出す。

俺は、顔が可愛い女の子が大好きだ。顔が可愛ければ大抵のことは許せるし、好きになる子も「見た目が9割」で選んでいる。

典子の見た目は、正直由梨や早紀さんとは雲泥の差だ。顔立ちはもちろんのこと、オーラの華やかさが全く違う。

手近なところで妥協したくなかったし、どうせなら連れて歩いて目立つ子がいい。安直だとは思っているが、それが男の本心ではなかろうか。

ただ今、その根幹が揺るごうとしている。

【みりんと俺】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo