みりんと俺 Vol.4

「部屋にみりんがある男は、浮気してるらしいよ」商社マンにかけられたあらぬ疑惑

ようやく付き合えたと思った彼女が、「もう顔も見たくない」と言い、俺の部屋を出て行った。

そんな彼女の気配が98%消えたガランとした部屋で、気を紛らわすために開けた、キッチンの戸棚。

そこにあったのは調味料。しかも、目についたのは、自分で買った覚えのない、何度か遊んだだけの女が残していった「みりん」。

部屋に残された、みりんと俺。

みりんを見るとあの女を思い出して、ムカムカしてきた。捨てようかとも思ったが、所在無げにしているみりんを見ると何だかやる気がなくなった。

冴えないSE・健太郎は典子にふられるが、料理を始めて何とか自分を取り戻す。今回は、元カノ典子が好きになった男・マサシの話―。


典子「マサシから返信がない…。」


最近、Facebookで健太郎が「いいね!」を押す投稿に、前川と言う女の料理写真が出てくる。後ろにあるキッチンは、どう見ても健太郎の家だ。

あの奥手で冴えない健太郎に新しい彼女ができたのかと思うと、胸がぎゅっとわしづかみにされた気分だ。

健太郎と付き合っているときに出会った、マサシ。商社マンの彼は見た目通りのチャラ男だったけれど、そこまで可愛くもない私にも優しくて、一気に恋に落ちてしまった。

でも…。何度かデートして、家に遊びに行ったこともあるけれど、一向に振り向いてくれる気配はない。

私は、可愛くもなければ華やかな経歴がある訳でもない。一般企業に勤める普通の女だ。そんな私に彼は眩し過ぎて、時々辛くなることもあった。それでも、少しでも笑ってくれると嬉しくて、どんな嫌な思いも吹っ飛んでしまう。恋とは恐ろしいものだ。

所詮、モテる商社マンが私なんか相手にする訳がない。もしかして、遊ばれたのかも?そう思うと憂鬱な気分になった。

昨夜勇気を出してマサシに送ったLINEは、一夜明けても既読にならなかった。

【みりんと俺】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo