30歳を過ぎても Vol.2

カレの女遊びを許してしまう…同棲中の家に女を連れ込む男に対して、33歳女が出した答えとは

「30.5」

これは、東京における女性の平均初婚年齢。

多くの女性が、その年齢までに結婚をと、自分の道を決めていく。

一方で、「30過ぎてまで、何やってるの?」と言われてしまうような、どうしようもない恋愛から抜け出せない人がいるのも事実。

他人には言えない心の葛藤、男女の関係――。

30歳を過ぎた。でも私は、やめられない。

少し痛いけれど、これが東京で生きる女のリアルなのだから。

▶前回:「生活水準は下げられない」港区にしがみつく32歳女が副業先のバーで流した涙


Vol.2 歩美、33歳。彼氏の浮気を知っていながら…


「三船、好きな時に帰っていいからな」
「あ、はい…」

山本は、そう私に言うと、目の前の女性バーテンダーと話の続きを始めた。

私は、三船歩美。上司である山本の秘書をしていて、ここは彼の行きつけの銀座8丁目の会員制バーだ。

以前は大手製薬会社の役員秘書をしていたのだが、取引先でもあった医師の山本に1.5倍の報酬を提示され、引き抜かれた。

私は秘書でありながら、山本の会食にも度々同行する。その後はここに来て、仕事の話や雑談をするのがお決まりのパターンだ。

しかも、それも業務だとして、きちんと時間外手当が発生しているので、文句はない。

むしろ、あまり早く帰りたくない私にとっては、好都合だった。

― まだ21時半か…。

私は腕時計を見ながら、ため息をついた。

まだここにいたいけど、山本はバーテンの女の子を口説きたいのだろう。

私は化粧室へ行き、なんとなくリップを塗り直した。

― なんだか胸騒ぎがするなぁ。

リップをポーチにしまいながら、六本木のマンションで同棲している、彼氏・幸人のことを思った。

幸人は近頃、よっぽどのことがないと怒らないし、私に異様に優しい。それが、なんだか気持ち悪かった。

8年も付き合っているから、なんとなくわかる。幸人に、新しい“遊び相手”ができたことが。

「では、私は失礼します。おつかれさまでした」

私は山本に挨拶をして、タクシーで自宅へ向かった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
いくら貧乏でも、同棲中の家に女を連れ込む事自体もうありえないと思う。自分たちのベッドで他人が寝たかと思うと汚な過ぎて無理。
逆で、彼女持ちの男と付き合い、同棲している家にのこのこ入ってくる女も。あり得ない。
2022/08/13 05:5399+返信4件
No Name
共依存かな…
歩美がいないと俺生きていけない
のであれば、もう少し大人になってほしいですけどね。
2022/08/13 05:4880返信3件
No Name
歩美は精神的に、幸人は金銭的に、共依存の関係ということ?

実莉は幸人の何処がいいのかな。お金はないし、家事もしなさそうだし、浮気もするけど。
2022/08/13 05:2349返信1件
No Name
メンヘラ実莉、すごいね。捨て垢ではなく本アカから早く別れろ〜とかDM送っちゃうのもだし、家に訪ねてきてチャイム鳴らしまくりとか。もう病気だよね。警察呼んでもよかったのに。来週はメンヘラが幸人を狙う理由が明らかに??
2022/08/13 05:5826返信4件
No Name
ペットだな
2022/08/13 05:2118返信1件
もっと見る ( 65 件 )

【30歳を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo