港区ラブストーリー Vol.11

港区ラブストーリー・最終回:一つのミスで5人の運命が変わった2016年。その結末は...?

東京都港区。

東京の中心であるこのエリアには、数多くの“ロマンス”が詰まっている。ドラマみたいな出来事や、ドラマ以上の出来事が港区で過ごしていれば、降りかかってくることもある。

この“港区ラブストーリー”は、2007年に出逢った26歳の女と24歳の男の2016年までの恋模様、“あの日、あの時、港区で”の様子を描き出していく。

2007年、麻布十番で知り合った、ラジオ局勤務のさとみとテレビ局でADをしている潤。付き合いだした二人は麻布十番で半同棲生活を送るなど、幸せな日々を送っていたが、潤の度重なる浮気が発覚し、二人は別れてしまう。

それからさとみは婚約し、潤には彼女ができた。そんな二人が、2013年友人の結婚式で再会する。お互いの事が気になりながらも、それきり二人は会うこともなかったが、2015年に潤が結婚したことをさとみはFacebookで知る。


2016年:ガーデンテラス紀尾井町オープン


金曜日の夜、さとみはいつものように会社を出て、早歩きで腕時計を見た。

大学時代の友人たちと、7月にオープンした『ガーデンテラス紀尾井町』で会う約束をしているのだ。さとみは完全に遅刻だと思いながら、急ぎ足で向かう。

時計から目を上げると一人の男が近付いてきた。それは、忘れたくても忘れられない、潤だった。

潤に会うのは2013年以来のはずだ。だが、Facebookに流れてくる写真でたまに顔を見ていたせいか、それほど懐かしさを感じなかった。

最後に潤の写真を見た時、彼は光沢あるグレーのタキシードを着た花婿さんだった。その姿はなかなか様になっており、余計にさとみの心をチクチクと痛めたのだった。

その潤が、さとみの目の前まで来ると興奮した様子で言った。

「さとみ、俺とやり直して欲しい。さとみと結婚したい!」

ただでさえ、潤が突然目の前に現れ驚いているのに、結婚して間もない潤がそんなことを言ったため、さとみの頭には一気に血が上った。だが、さとみは一呼吸おいて、あえて冷静に返す。

「結婚したこと知らないとでも思ってるの?どこまでいい加減なの?」

「違うんだ、俺結婚してないんだ。」


潤はそれを何度も繰り返した。さとみは、会社のビルの前で話していることを思い出し、急いで彼の腕をひっぱりビルの陰へ連れて行く。そこで落ち着くと、潤はもう一度「違うんだ、詳しいことを説明させて」と言って、ゆっくりと口を開いた。

【港区ラブストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ