港区ラブストーリー Vol.8

港区ラブストーリー:2013年、突然の再会。幸せそうな元カレなんて、許せない?!丸山珈琲で感じた嫉妬

東京都港区。

東京の中心であるこのエリアには、数多くの“ロマンス”が詰まっている。ドラマみたいな出来事や、ドラマ以上の出来事が港区で過ごしていれば、降りかかってくることもある。

この“港区ラブストーリー”は、2007年に出逢った26歳の女と24歳の男の2016年までの恋模様、“あの日、あの時、港区で”の様子を描き出していく。

2007年、麻布十番で知り合った、ラジオ局勤務のさとみとテレビ局でADをしている潤。ある日、さとみは仕事のピンチを潤に助けられたのをきっかけに、二人の仲は急接近し付き合うことに。麻布十番で半同棲生活を送るなど、幸せな日々を送っていたが、潤の度重なる浮気が発覚し、二人は別れてしまう。

そして、久しぶりに会いに来た潤に、さとみは婚約した事を告げた。2012年、結婚したさとみと新しい彼女ができた潤は、それぞれの人生を歩んでいるが……。


2013年:丸山珈琲 西麻布店オープン


会社の同僚たちがしきりに「じぇじぇじぇ」と言っていたのをきっかけに、初めて朝の連続ドラマ小説を見るようになったさとみ。さとみがあまロスになっていた頃、飲み会の席では「倍返しだ!」としたり顔で言ったり、「お・も・て・な・し」とジェスチャー付きで真似する男たちが街に溢れていた。

そ......


【港区ラブストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo