港区ラブストーリー Vol.6

港区ラブストーリー:2011年東京タワーの下で「恋愛と結婚は別物」と割り切った女の決意

東京都港区。

東京の中心であるこのエリアには、数多くの“ロマンス”が詰まっている。ドラマみたいな出来事や、ドラマ以上の出来事が港区で過ごしていれば、降りかかってくることもある。

この“港区ラブストーリー”は、2007年に出逢った26歳の女と24歳の男の2016年までの恋模様、“あの日、あの時、港区で”の様子を描き出していく。

2007年、麻布十番で知り合った、ラジオ局勤務のさとみとテレビ局でADをしている潤。

ある日、さとみは仕事のピンチを潤に助けられたのをきっかけに、二人の中は急接近し付き合うことに。麻布十番で半同棲生活を送るなど、幸せな日々を送っていたがひょんなことから潤の度重なる浮気が発覚し、二人は別れてしまい……。


2011年、東京タワーの先端が曲がる


潤と別れて以来、さとみは仕事に没頭していた。仕事をしていなければ、友達と会っていても、買い物をしていても、すぐに潤の事を考えてしまう。仕事をしている時が一番、潤の事を考えずに済んだ。

夏になり、東京はいつもの日常を取り戻し始めていた。3月の震災以来なんでもない日常が、いかに幸せ......


【港区ラブストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo