口説ける男 Vol.9

口説ける男:マウンティングの頂点という甘い誘惑。女の自尊心を満たす決めゼリフとは?

東京恋愛市場で日夜繰り広げられる男と女の逢瀬。

世間の男たちは下心ありきで女性を口説き、彼女たちはどんな誘い文句を言うのかと口から出る言葉に期待する。せっかくの楽しいデートも、男性の発言ひとつで台無しになることは多いだろう。

これまでどうしてここで? というタイミングで、女性が不機嫌になったことはないだろうか。それはあなたが“口説けない男”である何よりの証拠である。

この連載では、女盛りの妹・美鈴(27)と、結婚3年目の姉・弥生(33)を通し、女性が喜ぶ口説き方の成功例・失敗例を紹介していく。

<口説ける男・過去の教訓>
一度高級な食事を奢っただけで口説けると思うな
エクスペクテーション・コントロールをマスターせよ
去り際はスマートに
サヨナライツカ的なフラジャイルな関係を演出せよ
仕事自慢ではなく、真摯な仕事への姿勢が胸を打つ
女友達の意見を侮るな!
地位のある男こそ、謙虚にせよ
愚痴はひたすら黙って聞け


「夏に彼氏がいないなんて……。」

丸の内の昼下がり。上司の会食用の手土産を用意するため、私は仲通りを歩き『和久傳』に向かっている。この店の和菓子や和煮なんかは私の事務所の定番の手土産で、月に何度も足を運ぶ。ついでに姉の好物の西湖でも買って、仕事終わりに持って行ってあげようか。きっと喜ぶに違いない。

それにしても、夏の暑い日差しに当たると、心がジリジリと渇いていく。イベント盛りだくさんの夏に恋人のいない27歳の女など、東京砂漠で生き残れる気がしない。

先日はやまちゃんと映画に出かけたが、スポンジのような吸収力を持つ彼を前にすると、私はどうしても日々の鬱憤や愚痴をこぼし続けてしまう。デート終盤にはかなり酔っ払ってしまい、記憶すらおぼろげだ。要は、やまちゃんとのデートは、ロマンチックとは程遠い。緊張感が全くないのだ。

【口説ける男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ