クォーターラバー Vol.7

クォーターラバー:大人の恋愛、どちらが有罪? 3ヶ月目の優しいフェードアウト vs 突然の連絡切れ

「3」という数字によって、恋人や夫婦は関係性が動くと言われている。

美人は3日で飽きる、3年目の倦怠期などの言葉が表すように、3には男女の心境を大きく変化させる意味があるのだ。またそれは3ヶ月である“四半期(クォーター)”にも当てはまり、この時期にはなにかが起こり始める。

今回の主人公、祥子31歳・独身は、地元の福岡から東京に出てきて早8年。中堅広告会社で働きながら東京生活を日々生きている。

ここ最近の彼女は、いつもクォーターで恋を終わらせてしまい、少々アクティブな一面を持っているようだ。そんな出会いの数だけ別れがある東京で、クォーターラブを繰り返しながら、運命の人を探す祥子の恋愛を追いかけていく。

これまでにセンスがなくて好きになりきれなかった太一、義母が強烈過ぎた御曹司の貴幸、3ヶ月で突然連絡が取れなくなったジョナサン、温泉旅行でダメだと気がついた陽一、アプリで出会ったがただの浮気相手にされた浩二、束縛男の亮太とのクォーターラブを経験してきた。


何となく合わないタイミング


「今週木曜日、ご飯行かない?」

月曜日の昼休みに、先日飲みに行った『Bar霞町 嵐』で出会った雅史から連絡が来た。生憎木曜日は同期との飲み会が入っている。

「ごめん、木曜日は先約があって。土曜日は?」
「土曜日は先輩の結婚式二次会入ってるなぁ。来週は?」

こんなやり取りが続く。

雅史は不動産関連会社に勤める34歳。普段バーなどで声を掛けられても無視してしまうが、彼は何かが違った。お互い友達と二人ずつで来ており、どちらかと言うと雅史の友達が積極的に声を掛けてきて、雅史は友達の後ろで小さく「こいつ、酔っ払ってて。ごめんね。」と言っていた。

そのどこか控えめな感じに引かれ、気がつけばお互い連絡先を交換し、そこから連絡を取り合っている。

しかし出会った日と、その後一度ご飯を食べに行って以来中々タイミングが合わない。お互い会える日を提出し合うのだが、大概どちらかがNGで、結局会えずにいる。

「タイミング合わないね。」

と残念そうなLINEをお互い送り合うが、会えないものは仕方ない。

大人になると、仕事もあるし所用もある。デートだけに生きてはいられない。4人以上集まる女子会なども、1ヶ月以上前に日程を決めておかなければ皆集まれない。

東京に暮らす女子は忙しいのだ。

「来週いつが空いてる?」

先日から雅史とこんなやり取りばかりだなぁと苦笑いをしながら返信を打つ。

【クォーターラバー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ