クォーターラバー Vol.4

クォーターラバー:アリかナシかの判断は3回目で決まる? 意外にハードルが高い温泉旅行の罠

「3」という数字によって、恋人や夫婦は関係性が動くと言われている。

美人は3日で飽きる、3年目の倦怠期などの言葉が表すように、3には男女の心境を大きく変化させる意味があるのだ。またそれは3ヶ月である“四半期(クォーター)”にも当てはまり、この時期にはなにかが起こり始める。

祥子、30歳・独身。 地元の福岡から東京に出てきて早8年。中堅広告会社で働きながら東京生活を日々生きている。

これまで、いい人だがセンスがなくて好きになりきれなかった太一、義母が強烈過ぎた御曹司の貴幸、3ヶ月で既読スルーになったジョナサンとのクォーターラブを経験した。


会ったその日にどうするか


祥子は落ち込んでいた。もう恋愛はこりごりだと。しかし結婚したいし、タイムリミットも迫っているので立ち止まっている暇はない。

そう思っていた矢先、気晴らしに誘われたお食事会でアパレルメーカーに勤める一つ年下の陽一に会った。アパレルというだけありセンスも良く、優しくて誠実そうだ。高......


【クォーターラバー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo