クォーターラバー

「3」という数字によって、恋人や夫婦は関係性が動くと言われている。

美人は3日で飽きる、3年目の倦怠期などの言葉が表すように、3には男女の心境を大きく変化させる意味があるのだ。またそれは3ヶ月である“四半期(クォーター)”にも当てはまり、この時期にはなにかが起こり始める。

今回の主人公、祥子30歳・独身は、地元の福岡から東京に出てきて早8年。

出会いの数だけ別れがある東京で、クォーターラブを繰り返しながら、運命の人を探す祥子の恋愛を追いかけていく。

【クォーターラバー】の記事一覧

10
    2016.08.19 Vol.10
    クォーターラバー最終回:経験値が上がったアラサー女子は3カ月で結婚相手を見極めろ!?スピード婚とその先にあるもの
      2016.08.12 Vol.9
      クォーターラバー:31歳独身・焦って付き合ったのは少し妥協した彼氏。どこまでの妥協が許容範囲?
        2016.08.05 Vol.8
        クォーターラバー:既婚者である事実を隠して遊ぶ男。嘘は3ヶ月で見破れる!
          2016.07.29 Vol.7
          クォーターラバー:大人の恋愛、どちらが有罪? 3ヶ月目の優しいフェードアウト vs 突然の連絡切れ
            2016.07.22 Vol.6
            クォーターラバー:数回だけでは判断不能。隠れジェラ男&束縛男の兆候はいつ現れる!?
              2016.07.15 Vol.5
              クォーターラバー:運命の人はアプリで出会える!?3ヶ月で発覚する相手のリアルライフ
                2016.07.08 Vol.4
                クォーターラバー:アリかナシかの判断は3回目で決まる? 意外にハードルが高い温泉旅行の罠
                  2016.07.01 Vol.3
                  クォーターラバー:遊びか本命か? 恋の賞味期限が決まる勝負の期間が最初の3ヶ月
                  • FREE
                  2016.06.24 Vol.2
                  クォーターラバー: 逃げ切れない義母問題。強烈な義母を持つ御曹司と結婚はできるのか!?
                  • FREE
                  2016.06.17 Vol.1
                  クォーターラバー:四半期で相手の価値がわかる!? レストランで思い知った男のセンス