クォーターラバー Vol.6

クォーターラバー:数回だけでは判断不能。隠れジェラ男&束縛男の兆候はいつ現れる!?

「3」という数字によって、恋人や夫婦は関係性が動くと言われている。

美人は3日で飽きる、3年目の倦怠期などの言葉が表すように、3には男女の心境を大きく変化させる意味があるのだ。またそれは3ヶ月である“四半期(クォーター)”にも当てはまり、この時期にはなにかが起こり始める。

今回の主人公、祥子30歳・独身は、地元の福岡から東京に出てきて早8年。中堅広告会社で働きながら東京生活を日々生きている。

ここ最近の彼女は、いつもクォーターで恋を終わらせてしまい、少々アクティブな一面を持っているようだ。そんな出会いの数だけ別れがある東京で、クォーターラブを繰り返しながら、運命の人を探す祥子の恋愛を追いかけていく。

これまでにセンスがなくて好きになりきれなかった太一、義母が強烈過ぎた御曹司の貴幸、3ヶ月で突然連絡が取れなくなったジョナサン、温泉旅行でダメだと気がついた陽一、アプリで出会ったがただの浮気相手にされた浩二とのクォーターラブを経験してきた。


最初は甘い一言から


「祥子ってさ、綺麗だから街行く人がみんな祥子のこと見てるよね。」

久々に来た日曜日の銀座の歩行者天国を歩きながら、数回デートをして仲良くなった亮太が突然そんな嬉しいことを言ってくれた。

「え、そうかな?ただ単に白いワンピース着てるからだけじゃない?」

恥ずかしさと照れ隠しの意が入れ混ざりながら、亮太の発言に胸が高鳴る。

友人の友人だった亮太は外資系IT企業に勤めるエンジニアで、優しい眼差しの中にどこか色気があり、数回ご飯を食べる内に仲良くなった。祥子と同じ歳、30歳ながらもしっかりとしていて、ずっと大人っぽく感じた。

今日は初めて昼間からのデートで、夏らしい白い麻素材のワンピースで現れた祥子に対して亮太は「すごく可愛い。」と何度も絶賛してくれた。

歩いていても褒めてくれる亮太は一緒にいて心地良く、夏の恋が始まりそうな予感がして祥子の胸の鼓動は早くなる一方だった 。

「こんな美人な祥子の隣にいれるのは俺って幸せだなぁ 。他の人に負けないように頑張るわ。」

また褒めてくれる亮太に今度は本気で恥ずかしくなり、思わず下を向く。 好きになったら一途で、その人のことを大切にする、と言っていた亮太の話を思い出し、亮太ならずっと大切にしてくれそうだという期待が芽生える。

幸せな家庭を築け、良いパパになるかも。そこまで祥子の想像は達していた。

しかしこの亮太の発言が、今後の二人の関係を示唆していたことをこの時の祥子は全く気付いていなかった…。

【クォーターラバー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ