代理店女子マリア Vol.6

代理店女子マリア:担当メーカーのビールしか飲まない!は本当か。代理店飲み会幹事の手引き

広告代理店にはびこる、「チャラい」「遊び人」のイメージ。

広告代理店勤務の正社員女子たちにとって、代理店への先入観はレッテル以外のなにものでもない。

港区の大手広告代理店で、営業として働くマリア、29歳、彼氏なし。

大仕事が終わり、穏やかな日々を過ごすマリア。同期の柳沢の転職を機に、自分のキャリアにも疑問を感じ始めている。恋愛では、柳沢に紹介された、アベレージな男・阿部と、クライアント企業でエンジニアとして働く年下仮氏・ケイ。二人との関係に決着をつける時が迫っていた。


夏の恋に答えを出す、9月。


9月は、恋愛強化月間と名付けた。

先月働きすぎたせいで、マリアの残業時間はかなり積み上がっており、今月は部長から遠回しに残業禁止令を言い渡されていたのだ。

阿部のこと、ケイのこと、決着をつけなくてはいけない2つの恋愛案件を抱えたマリアには、ちょうどいいタイミングだった。 ......


【代理店女子マリア】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo