日比谷線の女 Vol.14

日比谷線の女:東銀座に住む開業医の彼は、難攻不落のワケあり物件だった?!

過去に付き合ったり、関係を持った男たちは、なぜか皆、日比谷線沿線に住んでいた。

そんな、日比谷線の男たちと浮名を流してきた香織は、タワマンの篤志や弁護士の孝太郎と付き合うがあっけなく終わる。ワンナイト社内恋愛も経験し、涼とは恵比寿での半同棲を経て中目黒で同棲し、純一との不倫も経験した。築地の健一郎や人形町の祐介など、デート相手はいるが、結婚相手にはまだ出会えず…?

前回 vol.13:5歳下メガバンク勤務の彼との、小伝馬町でたったひとつの思い出


2014年、5歳年下の和哉との恋を早々に終えた香織は、結婚に照準を絞ることに決めた。それも、誰もが羨むハイクラスな男性との結婚だ。

31歳を目前にして「もしかしたらずっと一人かもしれない」という考えが頭をよぎることが増えるのと同時に、猛烈な結婚願望の波が押し寄せてきた。

......


【日比谷線の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo