Miss 東大生ハンター Vol.6

“イカ東”との初デートで強烈パンチ。楽勝だと思っていた婚活女が振り回され…

エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。

そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。

― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。

彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。

◆これまでのあらすじ

東大男と結婚することを夢見る桜子。東大卒の男友だちからは「いかにも東大生っぽい地味なやつを狙え」「出会いを増やせ」というアドバイスもらう。早速、友人にお食事会を企画してもらったが…。

▶前回:「東大卒で年収1,500万以上がいい!」婚活市場で、高望みする平凡女が直面する厳しい現実


まずは行動。アプリを再開して…


土曜日の昼下がり。

桜子は自室のベッドに寝そべりながら、スマホの画面を眺めていた。

慶一郎から「行動量を増やせ」と一喝されて、マッチングアプリに再登録した。それから1週間、東大卒の会員とのマッチングを目指す日々を送っている。

― アプリのキーワード検索機能って便利だなあ。『東大』はもちろん、『UT』で検索しても東大卒が出てくるわ。

学生時代、サークルの東大生たちがTwitterのプロフィールに『UT』と書いていたのを思い出す。『東大』とあえて書かないのは、日本の頂点で学を修める者たちだけが持つ、繊細な美意識の表れなのかもしれない。

「あ、あの人から足跡がついてる…」

“あの人”とは、数日前に見つけた東大卒の会員だ。

外資系コンサルティングファーム勤務の31歳。『いいね!』の数を見ると、そこそこの人気会員のようだ。写真からは、清潔感と誠実さが感じられる。身長が180cmなのもポイントが高い。

― 東大生といっても、こういうさわやかな人が好みなんだけどな。結局、彼は私みたいな平凡な女を選ばないから、時間の無駄よね…。

慶一郎から“イカ東”を狙えと口を酸っぱくして注意されたことを思い出し、『いいね!』をせずにスマホを閉じた。

いかにも東大生、略して“イカ東”。

真面目を絵に描いたような彼らを、桜子は恋愛対象として見たことはなかった。

しかし、これまで万人受けするタイプの東大男を好きになっては玉砕してきた。そんな過去を振り返れば、慶一郎の言うことにもうなずける。

― 今夜のお食事会も、私のために“イカ東”を呼んでもらっているし…。食わず嫌いもしてられないよね。

桜子は、自分にそう言い聞かせて、乗り気ではなかった”イカ東”とのお食事会のため、準備を始めた。

【Miss 東大生ハンター】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo