夫婦リボーン Vol.2

「仕事場がない…」1LDKで夫婦在宅勤務の悲劇。妻が向かった先とは?

今年、私たちの生活は大きく変わった。

“ニューノーマル”な、価値観や行動様式が求められ、在宅勤務が一気に加速した。

夫婦で在宅勤務を経験した人も多いだろう。

メガバンクに勤務する千夏(31歳)もその一人。最初は大好きな夫・雅人との在宅勤務を喜んでいたのだが、次第にその思いは薄れ、いつしか夫婦はすれ違いはじめ…?

2020年、夫婦の在り方を、再考せよ。

◆これまでのあらすじ

会社から在宅勤務を命じられた千夏。夫・雅人とともに在宅勤務を始めるが、様々な試練が彼女を襲う。


−だめだ、集中出来ない…。

千夏は、バッグの中からイヤフォンを取り出した。通常の設定よりもボリュームを上げて、お気に入りの音楽を再生する。

普段、仕事中に音楽を聴くことはないし、むしろ静かな環境の方が集中出来るのだが、今日ばかりは音楽でも聴いていないと気が狂いそうだった。

テーブルの向かいで、雅人がウェブ会議をしているのだ。早口でカタカナ用語を連発する彼の喋り方はかなり耳障りで、千夏の神経を刺激する。

−気にしない、気にしない。

そう自分に言い聞かせながらパソコンに向かうが、気にしないと思えば思うほど、ますます気になってしまう。

どこか良い逃げ場はないだろうか。そんなことを考えていた千夏の脳裏に、ある場所が過ぎった。

−ラウンジにでも行こうかな。

千夏たちの住むマンションには、住人なら誰でも利用出来るラウンジがある。あそこならwifiも飛んでいるし、皆、静かに作業しているから、仕事には最適な環境だ。

ノートパソコンを畳んだ千夏は、ラウンジへと急ぐ。

−ようやくシェルターが見つかったわ。

そう安堵した千夏の目の前に飛び込んできたのは、ドアに貼られた“一時利用停止”の、赤い文字だった。

【夫婦リボーン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo