夫婦リボーン Vol.6

テレビ会議で目撃した、愛サレ妻生活。夫に溺愛される妻の秘密の過去とは?

今年、私たちの生活は大きく変わった。

“ニューノーマル”な、価値観や行動様式が求められ、在宅勤務が一気に加速した。

夫婦で在宅勤務を経験した人も多いだろう。

メガバンクに勤務する千夏(31歳)もその一人。最初は大好きな夫・雅人との在宅勤務を喜んでいたのだが、次第にその思いは薄れ、いつしか夫婦はすれ違いはじめ…?

2020年、夫婦の在り方を、再考せよ。

◆これまでのあらすじ

夫・雅人と家庭内別居生活を送る千夏。怒りに燃えるなか、目撃してしまった衝撃の光景とは…?

▶前回:「まさか夫が…?」寝室に籠城する妻が感じ取った、エリート夫の異変


「ママー!」

部署の先輩・亜矢子とテレビ会議をしていると、画面に可愛らしい女の子が入り込んで来た。

「ママ、遊ぼー」と言いながら、亜矢子の膝によじ登ろうとする愛らしい姿に、千夏の頰も自然と緩む。

−可愛いなあ。

そんなことを考えながら様子を見守っていると、画面......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
もうさー男は鈍感だし家事に慣れてないから女が一から十まで教えてベタ褒めして伸ばしてあげるべき、それが賢い妻だ、みたいなのやめて欲しい。
仕事して育児して夫の教育までしろってか。
2020/08/11 05:2099+返信36件
No Name
仮に今の状況がいくらかは変わるかも知れないが、雅人がこの先輩?のご主人みたいに協力的な夫に変わるとは、とても思えないんだが。
2020/08/11 05:2579返信3件
No Name
そもそも論言ってしまうと終わるんだけど
(とくに専業主婦の)母親が息子に対して、あれこれ身の回りのことかまって育て上げるから、息子も家庭での女とはそういうものとして見て育つんだと思う
成長期にそうやって見て育った男の価値観を結婚後に変えていくのは根気と時間が必要
2020/08/11 05:4578返信6件
No Name
上手く行かない夫婦やカップルって、本当に対話が不足していると思う。もちろん中には対話も出来ない·許さないタイプの人もいて一方的に攻撃されたり無視されたりもあるだろうけど、話し合って伝え合わないと、やっぱりダメになっちゃうよ…一つ屋根の下にいて、マスク無しで顔合わせられるんだから、できるなら仲良くしてよ(*´・ω・`)=3
2020/08/11 05:1743返信3件
No Name
昭和から令和の間に、主夫やイクメンという言葉が生まれて、私の感覚では家事の出来る男性も増えてきたように思う。
その一方で昨日、体調を崩して食卓に冷凍餃子を出した妻に対し「手抜きだ」と一蹴した夫の話がTVで話題に上がっていた。
男性の家事に対する意識は二極化してると思う。今後どうなっていくのかは自分達が子供に示す夫婦の有り方で変わっていくのかなと思う。
2020/08/11 06:2125返信1件
もっと見る ( 106 件 )

【夫婦リボーン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo