恋するマザー Vol.2

20代の結婚出産は、勝ち組じゃなかった?ハイヒールが履けなくなった34歳主婦の葛藤

いつまで経っても、女は女でいたいー。

それは、何歳になっても、子どもができてママになっても、ほとんどの女性の中に眠る願望なのではないだろうか。

いつまでも若々しくいたいという願いや、おしゃれへの欲求、それに少しのときめき。自由やキャリアへの未練。

そんな想いを心の奥底に秘めながら、ママとなった女たちは、「母親はこうあるべき」という世間からの理想や抑圧と闘っているのだ。

出産を機に仕事を辞め、専業主婦として毎日を過ごす川上翔子(34)。

夫と一人息子と、幸せな毎日を送っていたはずだったが、元同僚の結婚式に呼ばれた日を境に、彼女の人生が再び動き始めるー。

◆これまでのあらすじ

専業主婦の翔子は、結婚式に招待され、7年前に辞めた会社の同僚たちと久々に再会する。

そこで現実を目の当たりにし、「自分だけオバさんになっているかも」とショックを受けるが…。


翔子は、元同僚の披露宴に招待され、『アンダーズ東京』に来ている。

34歳ともなると、同世代の友人たちの結婚ラッシュもとうに過ぎ、披露宴に招待される機会もさすがに減ってきた。

それに最近の翔子の交友関係といえば、息子の同級生のママ友ばかりなので、すっかり「航太くんママ」としての人生を歩んでいる。

だからこそ今日の披露宴は、目に映る全てが輝かしくて目眩がするほどだ。

それなのに、友人のせっかくの晴れの日を、どこか心から楽しめていない自分に嫌気がさした。

「翔子、どうしたの。暗い顔しちゃって」

隣の席の美優紀が、ノンアルコールカクテルを飲みながら翔子の顔を覗き込んだ。

「え?そんなことないよ。お酒飲むの久しぶりだから、ちょっとまわっちゃったかも。美優紀はまだ授乳中?」

「そう。保育園に入れる予定だから、そろそろ卒乳だけどね。もうすぐ1歳だし」

「保育園?もう仕事復帰するの?」

「もちろん。妊娠中から保活してたから、準備はばっちり」

そう言って、美優紀は笑顔を見せた。

彼女は産後一年も経っていないのに、すっきりと引き締まった体をしている。それに、まだ1歳に満たない赤ちゃんをパパに預けられるくらい、育児も分担できているのだろう。

「旦那さん、今日は赤ちゃんを一人で見てくれてるんでしょう?すごい。えらいね」

翔子の発言を、美優紀は笑い飛ばした。

「えらいってなによ。彼の子供でもあるんだから、“見てくれる”とか“見てあげる”って言葉自体がおかしい。だって、母親が子供の面倒見ててえらいって言われないでしょ?立場は一緒だよ」

翔子が圧倒されていると、今度は同じテーブルの玲奈が話に入ってきた。

「私も出産したら、なるべくすぐ職場に復帰する。もちろん家事も育児も、夫と分担よ。生活費も折半。家事もシェア」

まるで異世界のような会話にたじろいでしまう。

同世代の二人は、翔子が引退してからの7年もの間、キャリアを積み続けていたのだ。「仕事を手放すなんて、考えたこともない」という様子は一目瞭然だった。

すると玲奈が、こう尋ねた。

「翔子はこの先も専業主婦希望?」

【恋するマザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo